人と仕事を知る

HOME > 人と仕事を知る > 植田 和香

組合員さんに見守られながら、
チームの中で育てられる。
あたたかい環境で
日々チャレンジしています。


コープらくさい サービス部門
植田 和香
2015年入協

プロフィール

プロフィール プロフィール

プロフィール

コープらくさい サービス部門 チーフ
植田 和香
2015年入協
学生時代は京都生協の店舗でアルバイトを5年経験。入協後は宅配事業の配達担当を約1年間担当。その後店舗事業に異動となり、現在はサービス部門のチーフとして、チームのリーダー役を任されている。

現在の業務について

サービスカウンターでの組合員さんへの対応や、レジでの会計業務、買い物かごの移動や出納など多岐にわたります。組合員さんからは、商品の陳列の場所を聞かれてご案内したり、「これとこれ、どちらがおいしい?」と相談されたりすることも。その方その方に合わせた対応が求められる仕事です。

仕事に対するおもい

お店の現場はパートさんたちに支えられていることを学びました。母と同年代、それ以上の年齢のパートさんたちから、娘に接するように親切に教えてもらっています。
一方で、チーフとしてチームを取りまとめる役割も果たさなければなりません。
パートさんに指導する時や、スタッフ間で意見の食い違いが生じたときは、みんなが納得するよう話し合い、チームをよりよい状態で前進させる必要があると考えています。「組合員さんに対して正しいこと」「組合員さんの利益」を常に判断基準に置くようにしています。

仕事のやりがい

パートさんやアルバイトの方にレジ操作や接遇をレクチャーする研修を2週間に一度行い、講師として対応しています。指導マニュアルはありますが、受講者に応じて表現を変えるなど、もっと伝わるようにするにはどうしたらよいか、毎回工夫しています。研修を終えた方の店内での働きぶりを見た組合員さんから「植田さんが研修したあの人、感じいいね」など声をかけてもらうことがあります。その方のがんばりを組合員さんが見守っていてくださることがうれしいですね。生協は組合員主体。「お客さんとお店の人」という関係性ではありません。そんな「生協ならではの良さ」を肌で感じる瞬間です。

1日のスケジュール 1日のスケジュール

スケジュール

就職活動中の学生へ

本部のサービス部門の上司からは常に助言やフォローがあります。起こったことだけでなく、予測してアドバイスしてくれることが特に心強いですね。
学生アルバイトの時代から、一緒に働くメンバーはもちろん、来店する組合員さんからもとてもあたたかく接してもらっていました。正規職員として再び現場に戻り対応する中で、改めて組合員さんに育てられ、鍛えられていると感じています。チャレンジの機会を与えられ、努力によって成長が実感できる。京都生協はそんな組織です。

先輩インタビュー 川口哲 先輩インタビュー 大江由紀 先輩インタビュー 山中麻莉子