組合員とともに取り組む環境活動

● 「Let's省エネチャレンジ!!」の取り組み

生活の中でのちょっとした工夫や努力で、地球温暖化の原因である温室効果ガス(CO2=二酸化炭素など) を削減することができます。京都生協は組合員にむけて、省エネや節電につながる取り組みを呼びかけています。

ゴーヤカーテンコンテストや、
夏や冬の「わが家の省エネ&節電の工夫」の紹介はこちら
わが家の省エネ・節電の工夫大募集

● 組合員の3Rの取り組み

3R(Reduce:発生抑制・Reuse:再利用・Recycle:再生利用)の 取り組みにより、廃棄物を減らし、資源循環することが出来ます。
マイバッグ持参/レジ袋発生抑制の取り組み

お買い物にマイバックを持参することは、身近なごみ減量の取り組みです。京都生協では 1983年にコープ下鴨で開始しました。1996年から全店舗で5円の有料化を行ないました。マイバックの持参率は、2017年は92.9%でした。

  • 2017年度レジ袋想定削減数:1217万枚
  • 削減数の原油換算(1枚あたり10ミリリットルとして)122キロリットル
    ドラム缶(200リットル)で約609本に相当
  • 地球温暖化防止に貢献
    →(1枚当たりのCO2排出量42グラムとして)511トンの削減
容器包装リサイクルの取り組み
使用済みの包装容器は再資源化するために共同購入・個配では配達時に、店舗ではリサイクルコーナーを設置して回収しています。

2017年度リサイクル実績 
リサイクル資源 回収方法 再資源化事業者へ 再生利用 回収量、回収率(回収量/供給重量)
牛乳パックなど 共同購入・個配・店舗で回収 担当者または店舗回収ボックス トイレロール、ティッシュペーパーなど 回収量123トン
回収率47%(前年50%)
削減CO2=110トン
食品トレー 店舗のみ回収 店舗回収ボックス 食品トレー、文具など 回収量11トン
回収率33%(前年49%)
削減CO2=52トン
ペットボトル 店舗で回収
16店舗
店舗回収ボックス PET素材の制服、水切り袋など 回収量83トン
回収率171%(前年175%)
削減CO2=270トン
カタログ類 共同購入・個配で回収 担当者へ カタログ類 回収量4435トン
回収率76%(前年77%)
京都生協の卵のパック 共同購入・個配・店舗で回収 担当者、店舗回収専用ラックへ 卵パックなど 回収量30トン
回収率52%(前年43%)
削減CO2=92トン
※削減CO2量は「エコアクションが地球を救う(丸善株式会社刊)」を参照し、使い捨てとリサイクルのCO2排出を比較して算出しています。

ペットボトルキャップの回収にも取り組んでいます

 2010年5月より、ペットボトルキャップの回収を開始しました。回収したキャップの売却費用は、医療支援、ワクチン支援、障がい者支援、子どもたちへの環境教育等にあてられています。
  2017年度は、399万個(9万2900円)を供与しました。

このページのトップへもどる

「自然と環境を守る」のページへ