CO・OP共済

CO・OP共済 保険の内容、資料請求、共済金請求くわしくはこちら

共済事業部コンテンツトップへ

折り鶴サポーター

折り鶴づくりを行っています

病気やケガで入院やケガ通院をされた方へ共済金をお支払いする際、お見舞いの気持を伝えようと『折り鶴』を同封しています。

お支払いを受け取られた組合員の皆さんの感謝の声がたくさん届いています。


折り鶴サポーター交流会の様子


折り鶴が共済金請求された方に届くまで

大規模な被害などで特定の地域に折り鶴が必要な時(たとえば大規模災害など)は、その会員生協に直接送付することもあります。

<京都の皆さんが作られた鶴が全国の組合員さんの心を癒しています>
<京都の組合員さんの共済金請求時にも全国から集まった鶴の中から届けられます>
折り鶴が全国の組合員さんの心をつないでいるようですね。


こんな気持ちで折り鶴してます 『折り鶴サポーターに出会えた喜び』

  • 伏見区の折り鶴サポーターさん
    14年前に、くも膜下出血と脳梗塞を患い、はじめて手術と約4ヶ月の入院生活を経験いたしました。
    その間、家族をはじめ兄弟姉妹や多くのお友達に温かく支えられ、今の私があることに感謝して居ります。
    まだ少し手足に後遺症が残るものの日常生活にはほとんど自立可能な状態で日々を過ごして居ります時、コーポロで折り鶴サポーターの募集が目にとまり、すぐ応募しました。
    事務局よりきれいな千代紙を送っていただき、折りはじめ今日にいたっております。特に鶴の顔の部分を折るときは、折り方によって可愛い鶴になったり、おすましの鶴になったり、おちゃめな鶴になったりして、小さな折り鶴がどなたの心まで飛んで行くのかと楽しく思いめぐらしながら、折らせてもらっています。
    自分のリハビリを兼ねつつ人さまのお役に立てる折り鶴サポーターに出会えましたことは、私にとって大きな喜びであり感謝です。
  • 北区の折り鶴サポーターさん
    折り鶴サポーターの素敵なご縁をいただき、心から感謝しています。
    すこしの間、お休みさせていただきましたが、久しぶりに手にしてみて心安らかになりました。
    少しでも喜んでくださる方を思い、心から折らせていただいています。
  • 東山区の折り鶴サポーターさん
    前回より大分日が過ぎましたが、ある程度たまりましたので、お渡しできるようになりました。
    折り鶴を作るのはとても楽しく、時間も自分の体の事も忘れてしまいます。
    これからも喜んでもらってくださる方が、いらっしゃるかぎり手を動かしていきたいと思っております。
    皆様のご健康を祈って居ります。

折り鶴される時、お心に留めておいていただきたいことがら・・・

☆使用しない色:黒・白・金・銀・赤
こちらからお送りしたパックに上記の色が含まれていた場合は、お手数ですが折らずに処分願います。

☆鶴の首の部分は、折って下さるよう、お願いします。

このページの先頭へ