« 2007年11月 |2007年12月 | 2008年5月 »

京都生協の新店舗「コープ醍醐石田」が12月19日(水曜日)オープンしました

2007年12月19日

12月19日(水曜日)、京都市伏見区醍醐に新しい店舗「コープ醍醐石田」がオープンしました。5月にオープンしたコープ祝園駅(精華町)、11月のコープかどの四条(京都市右京区山ノ内)に続く今年3店目のオープンとなります。
コープ醍醐石田の売り場面積は1557?(472坪)で京都生協では最大の店舗です。
kadonosijyo01.jpg
19日にはオープンニングセレモニーが開催されました。

広い店内は通路幅も広く、ゆっくりとお買い物を楽しんでいただけます。
入り口の農産売り場では焼きいももが登場。新鮮な野菜・果物と合わせて楽しみが増えました。
お魚、お肉のコーナーでも新鮮な商品を多数用意しています。お惣菜売り場でもお好み焼きなどの鉄板焼きもはじめました。
焼きたてパンのコーナーでは他店で評判の石釜パンを取り入れています。

kadonosijyo03.jpg kadonosijyo03.jpg

kadonosijyo04.jpg kadonosijyo05.jpg

<来店者の声>
「以前の石田の店はたまに来ていたけれど買うものが決まってしまう。今度の店は商品がたくさんあるし、お魚も豊富でうれしいです。」(30代女性)
「これまでは少し離れたスーパーで買い物してました。近くにできたのでこれからは利用します」(40代女性)


»続きを読む 京都生協の新店舗「コープ醍醐石田」が12月19日(水曜日)オープンしました

廃食油をリサイクルしたバイオディーゼル燃料 京都生協でさらに拡大!12月10日より山城支部でも利用開始

2007年12月 5日

京都生活協同組合(京都市南区、組合員46万世帯、小林智子理事長)は、12月10日(月)より、共同購入・個人宅配の配送センターである山城支部(相楽郡精華町)にて、共同購入配送車両へのバイオディーゼル燃料の給油を開始します。軽油への混合ではなくバイオディーゼル燃料100%で使用します。京都生活協同組合では、昨年6月に導入した乙訓支部(京都市伏見区)、今年9月に導入した中丹支部(綾部市桜が丘)に次いで3支部目の導入となります。

»続きを読む 廃食油をリサイクルしたバイオディーゼル燃料 京都生協でさらに拡大!12月10日より山城支部でも利用開始