« 2008年7月 |2008年8月 | 2008年10月 »

ミャンマー・サイクロン/中国四川省地震 ユニセフ緊急募金にご協力ありがとうございました。

2008年8月 7日

御礼ならびにご報告申し上げます。

京都生活協同組合

 去る5月3日のミャンマーサイクロンと、5月12日の中国四川省地震の発生を受け、京都生協では日本ユニセフ協会を通じた緊急募金への協力を呼びかけました。
 組合員のみなさま、お取引先様、生協職員などから合計99万2089円の募金が集まりました。ありがとうございました。集まった募金は両被災地の復興のために日本ユニセフ協会に送りました。

 ユニセフは、ミャンマーのサイクロン被害により学校が壊れてしまったの子どもたちのために、学校用の大型テントや机、イス、簡易トイレなどを提供しました。また、中国・四川地震被災者の方々に、テント、布団、寝袋や緊急保健キットなどを提供しました。

★★★7月25日、日本ユニセフ協会から感謝状が届きました。★★★

 「この度は緊急募金に、大変大きなご協力をいただき、心より感謝を申し上げます。
 ユニセフ活動の多くが民間部門からの任意の募金によって支えられており、この度の貴重な浄財によって、ミャンマーと中国での緊急・復興支援を待つ多くの子どもたちのために、さらなる支援活動を進めることができます。温かいご支援に深く感謝を申し上げます。
 ユニセフは、世界の子どもたちが直面している様々な問題を一つ一つ克服し、未来へと続く希望の道をつくることが地球上のすべての子どもたちへの贈り物だと信じています。
 ユニセフはこれからも世界の子どもたちのために活動を続けてまいります。今後ともご支援、ご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。」

財団法人日本ユニセフ協会 会長 赤松良子

「家族みんなで1日エコライフ」参加状況のお知らせ(8月1日付分)

2008年8月 6日

コープみんなでエコ!2008 環境への取組み
★地球温暖化防止への貢献はエコライフから★

 京都生協では、CO2削減、地球温暖化防止への取組みの一つとして、「家族みんなで1日エコライフ」への参加をよびかけています。日本生協連を中心とした全国的な取組みです。

 ■京都生協での参加者:8月1日現在の集約(集約数 2,471件)
  ・実施人数 6,722人
  ・削減されたCO2換算量は、2,756kgとなりました。これは、一年間に杉が吸収するCO2量の197本分に相当します。
 
 ■各行政区での取り組み

・丹後行政区では、7月31日にキャンドルづくりと環境学習会が開催されました。「1日エコライフ」の取り組みの説明もありました。
20080811_candle01.jpg 20080811_candle02.jpg

20080811_otokuni.jpg
・乙訓行政区では、エコライフポスターを作成されました。取り組みのアピールに活用されます。

その他にも、エコライフの取組みで、チャレンジされたことや工夫されたこともお知らせいただいてます。

※「1日エコライフ」とは...
 生活の中でのちょっとした工夫や努力で、温室効果ガスを削減することができます。けっして難しいことではありません。大切なのは毎日コツコツと実行すること。 「家族みんなで1日エコライフ」は、そんなきっかけづくりにピッタリの取り組みです。

 今後も、参加状況を随時お知らせいたします。

「コープみんなでエコ!2008京都」が開催されました。(7月1日)

2008年8月 4日

京都生協 環境のとりくみ

 当日は、組合員・役職員で約230名の参加がありました。
 環境をテーマにした落語や、講演、環境活動の報告、映画の上映などを行いました。

くわしいご報告はこちら→環境のとりくみ