« 2010年3月 |2010年4月 | 2010年5月 »

NPT再検討会議へ京都生協代表元気に出発!

2010年4月30日

京都生活協同組合

「核兵器は一刻も早く廃絶を!」京都生協組合員の思いをニューヨークに届けます

20100430_nptsyupptatu.jpg 京都生協からNPT(核不拡散条約)再検討会議へむけ代表派遣される、湯浅美恵子さん(北ブロック理事)と金井和枝さん(舞鶴行政区)が、本日、二場理事長をはじめ京都生協組合員・職員らに見送られ、ニューヨークにむけて元気に出発しました。NPT再検討会議は5月3日からの開催ですが、現地ではすでに開催に先駆けた取り組みが行なわれています。お二人も、現地で日本から参加の被爆者をサポートしながら、世界中から集まった方々と一緒に核廃絶のアピール行動に参加します。
※右上:右から金井さん、湯浅さん。コープぎふ代表の鎌田理事と一緒に
※下:京都駅ホームにて、たくさんの見送りに「元気に行ってきます!」

20100430_nptmiokuri.jpg

森林づくり開始式と第1回森林保全を実施しました

2010年4月19日

京都生活協同組合

 京都モデルフォレスト運動の一環として、京都生協は、亀岡市旭町自治会・京都府・モデルフォレスト協会・亀岡市と「森林の利用保全に関する協定」をむすんでいます。
 4月17日(土曜)に、京都生協役職員、組合員・職員の森林ボランティア、亀岡市旭町三俣山組合、旭町自治会の皆さま、総勢50名を超える参加により、「森づくり開始式」を開催。そのあと30名の森林ボランティアが、第一回目の森林保全作業を行ないました。

↓左から、京都府南丹振興局農林商工部 安本部長、亀岡市農林整備課 堤課長、京都生協 二場理事長、亀岡市旭町自治会 川勝会長
20100419_kaisisiki01.jpg

20100419_asahidaiko.jpg 開始式は、旭町のみなさんによる勇壮な「旭太鼓」でスタート。参加者一同、体中に力がみなぎる思いで太鼓の音に聞き入りました。川勝自治会長から「京都生協さんと一緒に、旭町の『夢絵巻』の一つを実現していきたい」とご挨拶いただき、二場理事長も「生協は、食を中心に組合員の安心安全なくらしを実現していく組織。そのためには、農業や漁業を守るという視点でこれまでよりも少し踏み込んだ取り組みを行う必要があります。森林保全もその一つとしてぜひ成功させたい」とのべました。御来賓として参加いただいた、亀岡市 堤課長・南丹振興局 安本部長からも、「森林づくりを応援します」とのメッセージをいただきました。
 開始式のあとは、森林ボランティアと森林保有者の三俣山組合のメンバーや、亀岡市・京都府職員らで、第1回目となる森林保全作業を行ないました。見晴台へつながる作業道の開削や、山頂へ通じる遊歩道をつくるために、うっそうと茂る樹木の枝を払ったり、雑木の伐採などを行ないました。
20100419_sagyou01.jpg 20100419_sagyou02.jpg 20100419_sagyou03.jpg
20100419_sagyou04.jpg 20100419_sagyou05.jpg

20100419_tutuji.jpg 樹木が生い茂った山道を整備し、山肌まで日光が届くよう常緑樹などを中心に伐採を行ないました。山のあちこちにはみつばつつじが咲き、伐採がすすむにつれ、その濃い桃色が鮮やかに姿をあらわしていきました。
20100419_kinensyasin.jpg
次回、森林保全作業は、5月15日(土曜)に行ないます。

★★★★ただいま森林ボランティア募集中!!★★★★
※森林保全作業の参加は、京都生協森林ボランティアへの登録が必要です
■お申し込み・問い合わせ
 京都生協 機関組織運営部 モデルフォレスト推進事務局まで
 電話番号 075-672-6304