« 2010年6月 |2010年7月 | 2010年8月 »

店舗フリマ参加の職員ら、売上を口蹄疫募金に

2010年7月27日

京都生協は、全国の生協と連帯して「畜産関係者を励ますための応援募金」に取り組んでいます。

7月25日(日曜)に行なわれた、コープかどの四条「ニコニコデー」&夏祭の企画としてフリーマーケットが開催され、京都生協職員が自主活動として出店。その売上金を全額「口蹄疫に立ち向かう畜産関係者への応援募金」としました。
20100727_bokin-buse.jpg

20100727_bokin-pop.jpgフリーマーケットに参加したのは、京都生協本部(京都市南区吉祥院)の職員有志7名。「家にある不要品、まだまだ使えるのにもったいない」「フリーマーケットなどで売れば、いくらかにはなる」「今、京都生協で取り組んでいる口蹄疫の募金にしたらいい」と、日ごろから話をしていたとのこと。コープかどの四条でのフリーマーケット開催を聞き、これを機会にと参加を決めました。
20100727_bokin-watasi.jpg当日は、組合員らのブースにならんでテントをはり、各自がもちよった品々をならべて販売。売上金10420円に写真入のメッセージカードをそえて、コープかどの四条 平野店長に手渡しました。
写真:平野店長(左端)と出店参加の職員

 口蹄疫問題で宮崎県は、本日、「非常事態宣言」の全面解除を宣言。大打撃を受けた宮崎の畜産は復興へむけた一歩を踏み出しました。
 応援募金は、7月31日(金曜)まで取り組み、8月上旬に宮崎へ募金目録を届ける予定です。引き続き、みなさまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

祇園祭りに京都生協名入りクリーンボックスが

2010年7月19日

京都生活協同組合

京都生協は、「祇園祭クリーンキャンペーン」に協賛しました。

 祇園祭クリーンキャンペーンは、今年20回目をむかえる、「ゴミの散乱しない祗園祭」をめざして美観を守るマナーの啓蒙活動を推進する企画(提唱:財団法人 祇園祭山鉾連合会、協力:KBS京都)です。今年は京都生協も、このクリーンキャンペーンに協賛しました。
 クリーンキャンペーンの一環で、祇園祭開催中に約1200個のクリーンボックス(ゴミ箱)が設置され、その一部に、京都生協の名前の入ったクリーンボックスも設置されました。
※写真は、四条新町上がったところに設置してあったものです
20100719_cleancam.jpg

 組合員のみなさんも、いくつか見かけられたでしょうか。
 祇園祭りの中でも最も観光客の多い山鉾巡行が終わり、クリーンボックス設置も終了しましたが、祇園祭りの行事は引き続き行なわれます。今後も、ゴミの散乱しない美しい京都の夏の行事を楽しみましょう。

京都生協は環境の取り組みとして「コープみんなでエコ2010」をすすめています!

コープみんなでエコ!

ライトダウンキャンペーンに参加しました

2010年7月 8日

京都生活協同組合

コープみんなでエコ!2010
京都生協店舗で、環境省が推進する「ライトダウンキャンペーン」に参加しました。

6月21日(夏至の日)と7月7日(七夕)の2日間
事前に、店内でライトダウンキャンペーンのポスターや店内アナウンスなどで取り組みのお知らせをしました。ライトダウン当日は、午後8時にコープのお店の店頭看板などを消灯しました。

ライトダウンの様子(7月7日 コープ二条駅)
↓ライトダウン前(左) 後(右)
lightdown01.jpg lightdown02.jpg

組合員のみなさまのご家庭でも、日常のくらしの中でライトダウンに取り組んでみませんか?

口蹄疫に立ち向かう応援募金の中間報告

2010年7月 1日

京都生活協同組合

 口蹄疫の清浄性確認を進めている宮崎県では、6月18日を最後に新たな発生がなく、このまま清浄性が確認できれば7月16日までにすべての移動搬出制限が解かれる見込みとなっています。1日も早い終息を願ってやみません。  5月28日から取り組んだ「口蹄疫に立ち向かう畜産関係者への応援募金」の活動に、多くの組合員に参加していただき多額の募金が集まっています。取り組み期間は7月31日までですが、中間の報告をさせていただきます。

6月30日現在の募金総額は、7,666,400円です。ありがとうございました。

募金は、引き続き7月31日まで取り組んでいます。さらなるご協力をよろしくお願いします。