« 2010年10月 |2010年11月 | 2010年12月 »

鶏インフルエンザに関する京都生協の対応について

2010年11月30日

京都生活協同組合

島根県で発生した鳥インフルエンザに感染した疑いのある鶏が見つかったことを受けての、京都生協の対応について(第1報)

 1.経過。
(1)すでに、テレビ等でご存知のことと思いますが、島根県安来市の養鶏農家で高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いのある鶏が見つかったとの報道がありました。現在、県ではこの養鶏場から半径10?圏内の養鶏場に対して、移動制限を実施しました。
(2)発生農場の鶏については疑似患畜として扱い、殺処分が進められています。
(3)現段階において、感染が広がったとの報道はされていません(11月30日午後3時現在)。
 2.京都生協としての対応。
京都生協では、産直卵を生産いただいている取引先に、鳥インフルエンザ対策として、(ア)人・車輌等に由来する鳥インフルエンザ侵入の防止対策(関係者以外の立ち入り制限や車両消毒の徹底)、(イ)野鳥・野生動物に由来する鳥インフルエンザ侵入の防止対策(防鳥ネットの補強、防鼠対策など)、(ウ)鶏の健康管理及び取扱い、について注意するようにお願いしました。
 3.根拠のない噂などにより混乱することがないよう、冷静に判断しましょう。
農水省からも、「鶏卵、鶏肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されておりません。」と報告されています。
これは、鳥インフルエンザウイルスは酸に弱く、胃酸で不活化されると考えられることやヒトの細胞に入り込むための受容体は、鳥のものとは異なることといった理由によるものです。

今後とも、迅速で正確な情報提供に努めます。

以上


平安女学院中学校で授業を行ないました

2010年11月29日

京都生活協同組合

京都生協環境政策担当の高橋が、11月26日平安女学院中学校で「京都生協の牛乳パックのリサイクルの取り組みについて」の授業を行ないました。 20101126_.jpg

平安女学院中学校では、総合学習のテーマに「牛乳パックのリサイクルについて」の授業を続けてきていました。授業で実際にリサイクル事業に携わっている方のお話を、との要望から今回授業が実現しました。

20101126_2.jpg  20101126_3.jpg

まずはじめに大山乳業協同組合の京都営業所所長の陰山様から「どのような牛乳がどこで、どのようにパックに詰められて、どこに行くのか」を写真も交えて説明されました。20101126_4.jpg
その後、高橋環境政策担当から「牛乳パックの原料の木材の産地について」「回収された牛乳パックがどこに集められ、どこでトイレットロールになるか」を説明しました。

20101126_5.jpg授業は「樹齢20年の1本の立木から牛乳パックが何枚分できる?」「牛乳パック何枚でトイレットンロールが出来上がるか?」などの三択クイズを交えながら、生徒たちの興味を引き付けていきました。
最後に高橋環境政策担当からは「牛乳パックを集め、出すだけではまだリサイクルではありません。牛乳パックから作られたトイレットペーパー等のリサイクル製品を利用してこそ、リサイクルになります。」と説明しました。

あわせて、牛乳パックから作られたコアノンロール(COOPのトイレットロール)を利用すると、ユニセフに寄付が行なわれる「CO-OPコアノンスマイルスクールプロジェクト」のお知らせも行ないました。

授業終了後、生徒さんからは「牛乳を作り出すのは大変だということがわかった」「クイズも楽しく勉強になった」などの感想が発表されました。また、後日生徒の皆さんからの感想文が届けられる予定です。

関連記事
11月11日コアノンロール購入でユニセフに募金を!

森林探索会を行ないました

2010年11月23日

開催日 11月20日(土曜)
場所 亀岡市旭町三俣地区湯谷山
参加者 京都生協 森林ボランティアとその家族 18名
協力 京都森林インストラクター会、亀岡旭町三俣山組合

 今年の春から京都生協の森林保全活動がスタートしました。これまで3回の保全活動として、作業道の整備や、見晴らし台・頂上広場の伐採を実施してきました。作業が一段落したこともあり、今回は整備を行なってきた場所をフィールドに「森林探索会」を行ないました。

 前日に少し雨が降ったこともあり、外から見た湯谷山は霧につつまれていましたが、山の中の視界は良好で、探索には支障ありませんでした。
 3名の森林インストラクターの方に協力いただいて、3つのグループにわかれて湯谷山に入りました。インストラクターの方から木々の名前や特徴などを聞きながら山道を登っていきます。これまで作業のためにただ黙々と登っていた道ですが、一つひとつの木に名称があり、それぞれ特徴や違いがあることを知り、とても新鮮な気持ちになりました。
20101122_tansaku-ibara.jpg 20101122_tansaku-setumei.jpg 20111122_tansaku-nenrin.jpg
 鹿に皮を食べられてしまった木があったり、イタチ(テンかも?)のフンが落ちていたり、湯谷山にすむ動物たちの存在も垣間見ることができました。

見晴らし台からみた旭町(↓)まだ山には霧がかかっていました。
20101122_tansaku-kiri.jpg

 頂上広場についたら、午後からのクラフトで使う材料集めです。これまで徐伐した樹木や落葉から、小さな葉っぱや小枝・木の実などを、思い思いに拾い集めました。
20111122_tansaku-sagasu.jpg

20101122_tansaku-kinen.jpg 湯谷山には、コナラやクヌギなど、どんぐりが実る木もたくさんあります。どんぐりを拾って育てて山に返す企画も予定していましたが、時期が遅かったためか、数が少なく、見つけても虫に食われていたりするものがほとんどで残念でした。

20111122_tansaku-hoonoha.jpg 「ひいらぎ」や「ひのき」など聞き覚えのあるものをはじめ、「ソヨゴ」「たかのつめ」「ねずみさし」「ねじき」などを覚えることができました。次に山に入るときまで覚えているかな?また一段と山に入る楽しみが増えました。
 山を下りると霧はすっかり晴れ、小春日和の気持ちのいい天気の中、炊き出しの豚汁と各自持参のお弁当で昼食をとりました。
20101122_tansaku-stove.jpg 昼食後、旭町自治会館の裏庭で森林インストラクターの方から木の廃材を利用した「ペレット」燃料の暖房器具の紹介を聞きました。低炭素で森の資源を有効に活用するものとして、購入には行政からの補助金も出るとのことでした。
 そのあとは丸太切り競争です。競争といっても、速さを競うのではなく、目分量で「300グラム」をめざして切る競争です。ぞれぞれが自分の感覚で丸太を切ったあと、順に計測していきます。思ったよりも重いものあり、軽いものあり。一番近かった人は305グラム。「おしいー!あとちょっとでピッタリ」と歓声がわきました。
20101122_tansaku-marutakiri.jpg 20101122_tansaku-keiryo.jpg
 次に、クラフト制作に入りました。あらかじめ用意してもらった木の台に、山で拾い集めたものを、接着していきました。それぞれ真剣に葉っぱや小枝とむかいあい、個性豊かな作品ができあがりました。
20101122_tansaku-klaft01.jpg 20101122_tansaku-klaft02.jpg
20101122_tansaku-sakuhin01.jpg 20101122_tansaku-sakuhin02.jpg←参加者の作品
 接着剤を乾かす間、湯谷山に古くからある「松尾神社」へ散策に出かけました。築数百年の歴史ある木造建築の神社の境内には南天がみのり、また紅葉も美しく、参道には木漏れ日が差し込み、なんとも荘厳な雰囲気を味わうことができました。
20101122_tansaku-koyo.jpg 20101122_tansaku-sandou.jpg 20101122_tansaku-jinja.jpg
 いつもの保全作業とは、またちがった形で秋の湯谷山を満喫した一日となりました。
 次回の森林保全作業は、12月18日(土曜)の予定です。
20101122_tansaku-momiji.jpg 20101122_tansaku-takanotume.jpg 20101122_tansaku-nanten.jpg 20101122_tansaku-sazanka.jpg 20101122_tansaku-icho.jpg 20101122_tansaku-susuki.jpg


さくらこめたまご、自民党本部で紹介!【写】

2010年11月19日

京都生活協同組合

11月17日(水曜)、京都生協組合員理事と産直・地産地消推進担当が、東京都永田町の自由民主党本部を訪問し、谷垣禎一総裁に「さくらこめたまご」とそのほか生協の商品をお渡しし、その商品の特徴や取り組みの意義を説明しました。

3ninshot.jpg
※写真左から産直・地産地消担当福永、谷垣総裁、日岡理事(食料・農業担当)

日本生活協同組合連合会では、行政、政党、各種団体など各方面に生協の取り組みを紹介しています。その紹介の対談の中で、谷垣総裁自ら「京都生協の『さくらこめたまご』を食べてみたい」とのコメントがあったとのこと。本来、商品のみをお送りする予定でしたが、「ぜひ取り組み意義も含めて紹介を!」という想いが実現し、今回訪問のはこびとなりました。setumei2.jpg

当日、和やかな雰囲気で対談が行なわれました。京都生協からは「さくらこめたまご」や、ふるさと輪っとコープ(※)の黒豆おかき、小豆、お米を、日本生活協同組合連合会からは「CO・OP日本の大豆醤油」、9月1日発売の「CO・OP鹿児島のさつまいもジャム」を谷垣総裁にお渡ししました。谷垣総裁は商品が説明されるたびに、手に取り表示を確認。「明日の朝、このお米、たまご、醤油でたまごかけご飯にしていただきます」とのことでした。
※京都生協「ふるさと輪っとコープ」とは:主要原材料は京都府内の産物を使い、京都生協が、府内の農協・漁協や商工業者と提携して開発した商品です。製造は、府内及び国内のメーカーでおこないます。

setumei.jpg
また、京都生協の「CSRレポート2010」と「さくらこめたまごができた理由」のパンフを広げてご説明。対談は、当初予定していた時間を大幅にオーバーし終了しました。
京都生活協同組合、日本生活協同組合連合会は地産地消を推進します。

コープながおかでも大好評!水源の里の直売会【写】

2010年11月18日

京都生活協同組合

「水源の里 やさい」のブランド化をめざし、綾部市「水源の里」から、農家が野菜を直接消費者に販売しました。


nagaokasuigen1.jpg過疎化、高齢化が進む限界集落の地域振興をめざす綾部市「水源の里」(老富、市志、市ノ瀬)の20名の農家グループが、「自ら栽培したものを直接消費者に販売しよう」と、府内農業の振興や地産地消に力を入れている京都生活協同組合と連携し、11月7日、「コープ城陽」、13日には「コープながおか」の店舗で、新品種の「プチヒリ白菜」や「里芋」、「ぎんなん」等販売し、合計で12万円をこえる利用がありました。12月には、同地産米「綾部市上林産米」の販売を店舗で計画しています。

jouyou_hakusai1.jpg2年目を迎えた今年は、「水源の里を消費者に知っていただき、水源の里産の野菜の認識とその商品好感度をあげて行く」ことを課題に、「水源の里 やさい」の呼称でブランド化していこうと、栽培の基準、出荷の基準等を統一し、商品包装に水色の「水源の里やさい」のシールを貼り、品質の向上と商品イメージのアップをおこないました。販売には、各地区からのべ9名の生産農家、綾部市職員、京都府「里の仕事人」の職員らが参加しました。消費者・京都生協の組合員は、「今こそ、地域農業の振興、地産地消が大切。農家のみなさん、がんばってください」と激励し、「次はいつ来るのですか」、「『水源の里 やさい』は売り場には並ぶのですか」等質問をしながら、新鮮なミニ白菜を購入されていました。

nagaokasuigen2.jpg農家の西田さんは、「このプチヒリ白菜は、普通の白菜の3分の1程度の大きさで、少人数の家族に合い、栽培・収穫もしやすい。特に鍋物に合い、これから消費者に受けるはず」と期待。
はじめて販売に関わった老富の女性の生産者は「楽しかった。自分のつくったものを直接消費者に買っていただくために話しができ、良い体験だった」と等語っておられました。

nagaokasuigen3.jpg綾部市は、農村の原風景を残し、由良川の源流にあたる「限界集落」(65歳以上が50%以上を占める地域の呼称)の再生をめざし、2006年12月に「水源の里条例」を制定し、「過疎化に歯止めをかけ、地域の振興と活性化」をめざし、地域の資源を生かしながら振興策を進めています。
この取り組みは、NPO・日本都市農村交流ネットワーク協会、京山(JAグループ)らが情報提供や、栽培、販売ルート、物流等のコーディネートの役割をはたし、綾部市水源の里振興課と連携し、1,地域振興、2,高齢者の生きがいづくり、3,米、農産物による農家所得への貢献等、を目標に取り組んでいます。京都生協の石上マネージャーは、「地産地消は組合員が求めている。新鮮で安心な野菜作り、米作りをしっかりやってほしい。これが地域振興に結びつけばうれしい」と語り、京都府地域づくり推進室「里の仕事人」井上 悟さんは、「過疎地等での地域振興はなかなか先が見えないが、この取り組みは出口が見える取り組みだ」と今後に期待を寄せています。

コアノンロール購入でユニセフに募金を!

2010年11月11日

京都生活協同組合

CO・OPコアノン スマイルスクールプロジェクトが始まりました。

 CO・OPコアノンロール(トイレットペーパー)を1パックお買い上げいただく度に、アンゴラ共和国の「子どもにやさしい学校づくり」のために、ユニセフを通じて1円が募金されます。
■期間:2010年11月1日?2011年10月31日
 学校は建物だけでは成り立ちません。『なかみ』の支援が大切です。 「子どもにやさしい学校づくり」では、すべての子どもたちが安心して楽しく学校に通い、質の高い教育が受けられることを目指しています。


smileschoolcampaign1.gif


CO・OPコアノン スマイルスクールプロジェクトについてくわしくはこちら↑


綾部市「水源の里」ミニ白菜の即売会大好評!

2010年11月 9日

京都生活協同組合

11月 7日(日曜)コープ城陽で、綾部市「水源の里」のミニ白菜(新種プチヒリ)などの農産物の即売会を行ないました。

jouyou_hakusai2.jpg jouyou%20_hakusai3.jpg

jouyou_hakusai1.jpg

綾部市「水源の里」は行政をあげて、水源の里条例をつくり、定住促進や特産品開発、年交流などの取り組みをすすめています。
「水源の里地域農産物ブランド」として、生産者だけでなく綾部市職員もいっしょに対面供給を行ないました。白菜など400個以上用意いたしましたが、好評につき午後4時には完売いたしました。

次回はコープながおかで、11月13日(土曜)あさ10時より即売会を行ないます。
コープ城陽と同じく「ミニ白菜を一つ100円」で即売いたします。ぜひ、お越しください!
(店舗地図)

「らくらくさん」学習会を行いました

2010年11月 2日

京都生活協同組合

 10月3回より配達の企画として始まった「らくらくさん(介護食品と日用品)」の学習会が、キャンバスサポーターさん約35名を対象にせいきょう会館で10月28日10時30分より行なわれました。 20101101_rakurakusan1.jpg

 介護食の開発30年の経験あるキユーピー株式会社のヘルスケア営業課介護食担当の武田さんを講師にむかえ、高齢化社会の現状や食のあり方などを現場の視点でお話いただきました。
20101101_rakurakusan2.jpg
 学習会は、スライドも使いながら、「高齢期の食事のポイント」「食べやすい食事の工夫」を具体的に教えていただきました。

20101101_rakurakusan3.jpg 実際自分自身で食べてみるという実験も行なわれ、参加者は「かみにくい」「飲み込みにくい」「誤嚥の危険」などを学習しました。また、各種の試食を行ない、それぞれの商品の味や食感を確認しました。


 また、「高齢期も若年者と同量のたんぱく質、カルシウムが必要です。つまり、少量で高密度の栄養の食事が必要です。」「味付けもしっかりとしたものが必要です」という報告に、今まで誤解していたという方もいらっしゃいました。
20101101_rakurakusan4.jpg 20101101_rakurakusan5.jpg

20101101_rakurakusan6.jpg参加者からは「わたしは母を介護したさい、今日のお話のようなことを失敗しながら経験しました。このような学習会に参加し、正しい知識を持って介護を行なうと私のように苦労しなくてもすみます。だから、たくさんの方が学習できる機会をもっと増やしていただくことを期待します。」のお声もありました。

 「らくらくさん(介護食品と日用品)」チラシは、今週11月1日(月曜)より11月3回のカタログとともに配布されています。また、京都生協機関紙の「コーポロ11月号」でもくわしくご紹介いたしております。コーポロ11月号特集ページはこちら

綾部市「水源の里」のミニ白菜を100円で供給します

2010年11月 2日

京都生活協同組合

 コープ城陽とコープながおかにて、綾部市「水源の里」のミニ白菜(新種プチヒリ)を一つ100円で供給します。
綾部市「水源の里」は行政をあげて、水源の里条例をつくり、定住促進や特産品開発、年交流などの取り組みをすすめています。
今回「ミニ白菜(新種プチヒリ)」を「水源の里地域農産物ブランド」として、生産者自身が対面供給を行ないます。

コープ城陽(店舗地図):  11月 7日(日曜)あさ9時30分から
コープながおか(店舗地図):11月13日(土曜)あさ10時から

どちらのお店も、ミニ白菜は限定400個です。

また、12月はじめには、綾部市「水源の里」のコシヒカリをコープ全店で供給いたします。お楽しみに! 

せいきょう牛乳にまつわるイラストの入選発表

2010年11月 1日

京都生活協同組合 機関組織運営部 
「せいきょう牛乳パックイラスト募集」事務局

 大山乳業農協との、せいきょう牛乳産直40周年を記念して、せいきょう牛乳1000mlパックの側面に掲載するイラストを募集しておりました。
 たくさんの方から、せいきょう牛乳や乳牛にまつわる楽しいイラストをご応募いただきありがとうございました。
 入選作品をここに発表いたします。

20101026_1packyamaoka.jpg 20101026_2packikegaki.jpg 20101026_3packkonisi.jpg
(左から山岡 蒼君6歳、池垣 万里香さん10歳、小西 有祐美さん14歳の作品です)
 これらの作品が印刷されたせいきょう牛乳1000mlが、11月中旬より来年3月まで順次供給されます。お楽しみに!
 ※牛乳パックには山岡 蒼君、池垣 万里香さん、小西 有祐美さんの順番で掲載されます。