« 2012年1月 |2012年2月 | 2012年3月 »

アメリカ合衆国による核実験の実施に抗議します

2012年2月13日

 京都生活協同組合は、2011年7月から9月に行われていたアメリカ合衆国による新たな手法(Zマシン)による核実験に対し、アメリカ合衆国大使館宛てに抗議文を送付しました。

【抗議文】
アメリカ合衆国 大使館 気付
バラク・フセイン・オバマ・ジュニア大統領 閣下

京都生活協同組合
理事長:二場 邦彦


アメリカ合衆国による核実験の実施に抗議します

 貴国が2011年7月から9月の間に行った核実験は、核兵器廃絶を求める世界の世論に逆行し、かつ他国にも核開発の口実を与えるもので、断じて許すことはできません。

 私たちは、核兵器の悲惨さを体験した唯一の国にある生協として、核兵器をなくすとりくみをすすめ、全国の生協の仲間や被爆者のみなさんと一緒に、核兵器の廃絶を訴えてきました。核兵器は一刻も早く廃絶すべきであり、核兵器の保有、使用、威嚇、開発、実験等は容認できません。

 貴国がただちにこのような核実験を中止し、2010年のNPT再検討会議で確認された核兵器廃棄の明確な約束を果たし、核兵器廃絶に向けた具体的な施策を早急に実施することを強く求めます。また、核兵器を使用した唯一の核保有国として、その先頭に立つことを切に願います。

以上


2011京都・滋賀機関紙コンクールに入賞しました

2012年2月 9日

京都生活協同組合

 京都生協は、社団法人京都宣伝センター機関紙会館が主催する「2011京都・滋賀機関紙コンクール」に、京都生協行政区委員会のニュースを提出し、参加しました。

 審査の結果、京都生協相楽行政区委員会ニュース「ひだまり」が佳作、京都生協京田辺行政区委員会ニュース「Garden」と京都生協上京行政区委員会ニュース「やっほーfromかみぎょう」、京都生協亀岡行政区委員会ニュース「step」、京都生協右京行政区委員会ニュース「うきょうだより」が努力賞を受賞しました。

 京都生協行政区委員会ニュースは、年間5?6回、京都生協の配達のカタログとともに配布されます。また、生協各店舗のサービスカウンターなどにもあります。ぜひご覧ください。

京都府・福知山市と見守り活動の協定を結びました

2012年2月 3日

京都生活協同組合

2月1日(水曜)、福知山市役所において「中丹ふるさとを守る活動」に関する協定を、京都府・福知山市と締結いたしました。

20120201_mimamoti03.JPG
↑各代表が調印した協定書を手に(左から、中丹広域振興局・長田野ガスセンター・丹の国農協・京都生協・福知山市)

20121201_mimamori04.JPG 京都府北部では、少子高齢化・世帯人数の減とあわせて、独居老人の増加が深刻な問題となっています。京都生協組合員にも一人ぐらしや高齢者だけの世帯が増えており、毎週1回の配達の場が安否確認の役割を果たすと期待されています。

20120201_mimamori02.JPG 20120201_mimamoti01.JPG
京都生協 二場理事長が調印

 「中丹ふるさとを守る活動」とは、京都府が実施する地域を守り維持するための活動です。行政・地域・生協などの企業・事業団体が協力して、高齢者の見守りや地域の草刈などを行ないます。今回の協定には、事業団体として、京都生協のほかに京都丹の国農協・長田野ガスセンターが参加されました。

 京都生協では、昨年3月に綾部市と同協定を結びました。毎週の配達時に異変を感じた場合に地域や行政と連携をとって対応します。

 まだ一部の地域での協定ですが、京都府全域を配達エリアとしている生協ができる取り組みとして、これからも行政や地域としっかりつながって見守りの輪を広げていきます。

「CO・PO・RI 京都」閉店のお知らせ

2012年2月 1日

京都生活協同組合

 京都生協グループのベーカリーレストラン「CO・PO・RI 京都」は、3月4日(日曜)をもちまして閉店させていただくことになりました。
 お引き立てをいただいた皆様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申しあげます。