« 2012年2月 |2012年3月 | 2012年4月 »

「夕食サポート(夕食の配達)」を開始いたしました

2012年3月27日

京都生活協同組合

 京都生協は組合員の方へ栄養バランスのよい食事を定期配達する「夕食サポート」を開始いたしました。
20120326_yuutaku1.jpg
※写真は、配達の準備をする夕食サポーターさん。
3月26日、6名の夕食サポーターさんが約130軒のお宅に配達を行いました。

 夕食サポートは、管理栄養士がおいしさと栄養バランスを考えた、おいしくて飽きのこないお弁当を、週5日間、午後6時までに玄関先まで配達いたします。幅広い年代の方のさまざまな生活スタイルをサポートすることを目的として、今週から始まりました。

 夕食サポートのメニューは、ごはん付きの「お弁当コース」と、「おかずコース」の2コースがあります。配達は月曜?金曜の週5日間。
 現在の配達エリアは北区、上京区、中京区ですが、今後順次エリアの拡大を予定しています。

yuusyokutakuhai.bmp
※上は「おかずコース」の写真です。週5回で2900円(一食あたり580円)。

夕食サポートについてのお問い合わせは
「組合員コールセンター」
フリーダイヤル 0120-11-2800 まで

2011年度ユニセフお年玉募金贈呈式を開催

2012年3月16日

京都生活協同組合

20120316.jpg
 1月9日から2月29日の期間、ユニセフお年玉募金にご協力いただきましたことに深く感謝いたします。ありがとうございました。

 3月3日(土)宇治市産業振興センターにて、2011年度京都生協ユニセフお年玉募金の目録を日本ユニセフ協会団体組織事業部の石尾さんへ贈呈いたしました。
 2011年度のお年玉募金総額は343万550円(2月20日現在)で、集まった募金のうち300万円は「ラオス指定募金」として、残りは一般募金としてユニセフに贈られます。

贈呈式当日のようすはこちら⇒2011年度ユニセフお年玉募金贈呈式

宮城県漁協へ支援物資を届けました

2012年3月12日

京都生活協同組合
せいきょう虹の会

20120312shien3.jpg みやぎ生協を通じて、宮城県漁協志津川支所から震災支援物資提供の要望があり、せいきょう虹の会(京都生協の取引先の会)のご協力のもと、支援物資をお届けました。
(写真:出発するトラックを見送る職員)

 宮城県漁協志津川支所は、京都生協職員ボランティアがこの間、現地支援に入っている被災地でもあります。東日本大震災の津波により宮城県漁協志津川支所・戸倉出張所は、建物の形が残っている程度で何もありません。志津川支所はプレハブの仮設事務所で業務を進めていますが、事務用品や机・イスなどの物資が不足しいる状況です。

20120312shien1.jpg 京都生協から虹の会役員会へ無償での物資提供の協力をよびかけたところ、各企業から事務机やイス、ロッカー、ファンヒーター、ファックス付コピー機、コーヒー、茶葉など、多数提供の申し出がありました。
(写真:トラックへの積み込み作業のようす)

 3月1日、京都生協に寄せられた物資を役職員でトラックへ積み込み、現地へ送り出しました。(各企業から直接お届けしているものもあります)

京都生協は、今後も被災地への息長い支援に取り組みます。

復興支援朝市による募金へのお礼とご報告

2012年3月 9日

東日本大震災復興支援
 京都生協職員ボランティア

 昨年京都生協職員ボランティアを中心に、組合員、生産者、取引先の皆さんといっしょになって取り組んだ「東日本大震災復興支援朝市」での収益金の総額が394,710円となり、日本生協連に送金しました。朝市にご協力いただいたみなさまに厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

 お預かりした支援金は、日本生協連→被災地の生協連合会→各県の義援金口座→義援金配分委員会という流れで、被災者に届けられます。

舞鶴行政区「福祉の会・秋桜」が舞鶴市長表彰受賞

2012年3月 5日

京都生活協同組合

 2月25日、舞鶴市・舞鶴市社会福祉協議会主催の舞鶴市社会福祉大会が開催され、その会場で、舞鶴行政区委員会の「福祉の会・秋桜(こすもす)」が、舞鶴市長表彰を受賞しました。
 この表彰は、福祉ボランティア活動、その他を通じて社会福祉事業の増進に功績が顕著であると認められた方(グループ)に授与されます。  「秋桜」は、障害者の作業所や特養・デイサービス施設への継続したボランティア活動を行っており、その功績を認められての受賞となりました。 120305_hukusi.JPG
↑「秋桜」のみなさん。授与された表彰状を手に