« 2012年11月 |2012年12月 | 2013年1月 »

2012年度ユニセフのつどいが開催されました

2012年12月26日

京都生活協同組合

 12月18日(火曜)せいきょう会館にて「2012年度ユニセフのつどい」を開催しました。

20121226_unicef1.jpg
 2009年ラオススタディツアー参加の北ブロックの洞井さんによる、ユニセフ支援の入った村の前と後の変化についての解説や、南行政区委員会、乙訓行政区委員会の活動報告、毎年年明けに取り組でいるユニセフお年玉募金や募金贈呈式の昨年度報告と今年度の案内を行ないました。
 そのほか、ユニセフのワークショップ「貧困はどこから」のグループワークや絵本の紹介などを行ないました。
20121226_unicef3.jpg最後に、2013年2月におこなわれるラオススタディツアーへの代表派遣組合員に決っている東ブロックの小野田恭子さんが紹介され、前回ツアー参加の洞井さんからバトンタッチにあたっての言葉と共に、会場の皆さんから激励の拍手が贈られました。
 会場内ではユニセフグッズの販売や、京都綾部ユニセフ協会さんよりお借りした地雷レプリカや水がめなどの展示、日本生協連CO・OPコアノン・スマイルスクール・プロジェクトの紹介を行ないました。

<参加いただいた方の感想(抜粋)>
20121226_unicef2.jpg・京都生協のラオスへの指定募金が20年続き、最終のプロジェクトが始まるとのこと、その成果があがっていることに喜びをおぼえます。これからもユニセフ募金活動が継続していく様、微力ながら協力したいと思います。
・初めて、ユニセフのつどいに参加させて頂いたのですが、各ブロックの発表もわかりやすく、どのような活動をされているのかもわかり、良かったと思います。絵本の読み聞かせは良かったです。なごやかな会で良かったと思います。

当日のくわしい様子はこちら ↓
みんなのとりくみレポート
「『2012年度ユニセフのつどい』を開催しました」

小泉武夫先生の講演会を開催しました

2012年12月21日

京都生活協同組合

 12月13日(木曜)、綾部市にて食の安全安心と地産地消をテーマに、小泉武夫東京農業大学名誉教授による講演会を開催しました。
20121221_koizumisensei1.jpg

20121221_koizumisensei2.jpg 小泉先生からは「放射性物質から身を守るためには免疫力を高めることが必要。そのためには食物繊維が豊富な野菜や豆類を使う日本食と納豆やみそなどの発酵食品を食べることが大切です。その食生活が永年培ってきた日本の食文化を守ることになります。食文化を守るためには日本の農業を守らなければいけません。まず、流通ルートを整備して地産地消を発展させ、生産者が安心して生産できる仕組みづくりが求められています。」と、英国やコープこうべの実践事例を紹介しながら、ユーモアを交えて講演いただきました。
 参加者からは「とても楽しくわかりやすいお話で興味深く、今夜からの食生活を見直す機会になりました。つい便利で安くおいしいものに頼ってしますのですが、和食のすばらしさを感じました。」「力強い話、楽しかったです。あっという間でした。今日から食を見直し、和食の重要さを家族やご近所のみなさんにも伝えたいです。」などの感想が上がっていました。

ユニセフ・ラオススタディツアー代表派遣組合員の決定と代表派遣募金の報告

2012年12月17日

京都生活協同組合

<ユニセフ・ラオススタディツアー代表派遣組合員さんが決定しました>
20121217_onodasan.bmp 9月度組合員活動委員会で提案しました2012年度ユニセフ・ラオススタディツアーの代表派遣について、機関紙コーポロ、ホームページ、お届け表裏面等で公募の案内をおこなったところ6名の方からレポート提出がありました。その6名のレポートとツアー後のユニセフ活動展開の可能性について選考をすすめ、10月12日(金曜)の常任理事会で今回のラオススタディツアー代表派遣組合員を、東山区の小野田恭子さん(写真)に決定しました。
 小野田さんのコメント
「ラオスの今を知り、ユニセフ・ラオス指定募金の成果と今後どのような援助が必要かをしっかり視てきたいと思います。
 現地で視て肌で感じたことを多くの組合員の皆さんに正しく、分かりやすくお伝えすることで、子供たちの未来を開くユニセフ活動への支援の輪が広がることを願っています。」

<ユニセフ・ラオススタディツアー代表派遣募金へのご協力ありがとうございました>
 同じく9月度組合員活動委員会で提案しました2012年度ユニセフ・ラオススタディツアーの代表派遣組合員を送り出すための募金に、多くの方のご協力をいただきました。
 目標金額50万円に対して、11月9日現在906,142円の募金が集まりました。(目標金額に対して181.2%)
 皆様のご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。
なお、スタディーツアー関係経費を差引いた金額は、ユニセフ募金といたします。

 年明けには『ユニセフお年玉募金』をご提案させていただきます。こちらもご協力をよろしくお願い致します

宇治茶の一日体験会を開催!

2012年12月13日

主催:京都府協同組合連絡協議会

 12月8日(土曜)JA京都中央会や(社)京都府茶業会議所、京都府生協連とともに、宇治市折居の宇治茶会館にて、国際協同組合年企画「宇治茶の一日体験会」を開催しました。
20121210_ujitya1.jpg
 参加した京都生協の組合員12組30人の親子は宇治茶会館の隣にある茶園を見学したあと、宇治茶インストラクターによる「手もみ製茶」を体験しました。
 昼食ではJA京都やましろ女性部加工部会による「おそうざい」と、地元の「茶汁」が振舞われました。
 午後は「宇治茶のおいしい入れ方教室」「石臼を使った抹茶作り」を体験し、宇治茶クイズ大会では、正解が発表されるたびに大きな歓声が上がっていました。
 京都市内から参加した親子は「帰ったらおばあちゃんに、今日教えてもらったお茶の入れ方で、おいしいお茶を入れてあげる」と話していました。
 20121210_ujitya2.jpg  20121210_ujitya3.jpg
 写真:製茶の様子(左、水分を減らします 右、茶葉を揉みます)

 20121210_ujitya4.jpg  20121210_ujitya5.jpg
 左、家族みんなで参加いただきました 右、茶汁を用意

宮城県で餅つき大会を行いました

2012年12月11日

東日本大震災復興支援
京都生協職員ボランティア

 12月1日(土曜)、宮城県南三陸町志津川漁港にて100人分、登米市南方町の仮設住宅にて800人分のお餅つきと炊き出しをしました。
 今回京都生協職員ボランティアは、鳥取県畜産農協・大阪いずみ市民生協・みやぎ生協のボランティアといっしょに活動しました。夏に「海の虹プロジェクト」へ参加した中学生もかけつけてくれ、お餅配りなどを手伝ってくれました。
 当日は天候にも恵まれ、餅つき大会は無事終了できました。
20121211_miyagi1.jpg
参加したボランティアと仮設住宅自治会の皆さんで記念撮影

20121211_miyagi2.jpg 20121211_miyagi3.jpg
写真左:餅つき準備の様子、右:会場の志津川漁連

20121211_miyagi4.jpg 20121211_miyagi5.jpg
左:漁連での餅つきの様子、右:丸もちづくりの様子

20121211_miyagi6.jpg 20121211_miyagi22.jpg
左:かけつけてくれた中学生、右:漁連からはムール貝を提供いただきました

20121211_miyagikakoujounai2.jpg 20121211_miyagikakoujousyuuhen.jpg
左:復活したかき加工場、右:加工場周辺は、まだ更地が広がっています。
 本格的な復興は、まだまだこれからです。

20121211_miyagi21.jpg 20121211_miyagi27.jpg
仮設住宅での餅つき大会の様子、たくさんの皆さんが集まってくれました

20121211_miyagi23.jpg 20121211_miyagi24.jpg
左:餅つき開始! 右:途中地元の皆さんも参加してくれました

20121211_miyagi25.jpg 20121211_miyagi26.jpg
左:会場でついたお餅は餡餅にしました 右:京都でついたお餅7000個もお渡し

 京都生協は、今後も被災地への息長い支援に取り組みます。

■震災支援の活動カンパ協力のお願い
 震災復興支援は今後も継続し、長期にわたる活動になります。この支援活動への「カンパ」を組合員の皆様に呼びかけています。ぜひご協力ください。
 使途など詳しくはこちら⇒東日本大震災 震災支援のとりくみ

【共同購入・個人宅配】
一口100円 の募金を受け付けています。
注文書に注文番号を記入、またはeフレンズ(インターネット注文)の 「注文番号で注文」で注文番号を入力してください。
6ケタ注文番号 : 294730
※注文個数1を記入で100円、5を記入で500円
【店頭募金】
専用募金箱を設置しています。

京都環境フェスティバル2012に出展しました

2012年12月10日

京都生活協同組合

 12月8日(土曜)、9日(日曜)、京都府総合見本市会館(京都パルスプラザ)で開催された京都環境フェスティバル2012に出展しました。
20121210kankyofes.jpg
 京都府生協連のブースで、京都生協の「地産地消の取り組み」MSC(※)認証の「あかがれい」を紹介しました。また「さくらこめたまご」の展示を行い、その取り組みの意義について説明しました。
※MSC:海洋管理協議会(かいようかんりきょうぎかい、Marine Stewardship Council、略称:MSC)は、「持続可能な漁業」を行う漁業者を認証する制度の運営機関です。MSC規準に則って審査を実施するのは、MSCではなく独立した認証機関が行います。
 詳しくはこちら⇒MSCホームページ


20121210sankasya.jpg 生協のブースでは、クイズに答えていただいた方全員にお菓子をプレゼントし、また全問正解の方の中から抽選で「エコ風呂敷」をお渡ししました。(写真は、エコ風呂敷が当選した美海ちゃん)

見守り活動のステッカーを貼っています!

2012年12月10日

京都生活協同組合

 京都生協中丹支部のトラックが、見守り活動をアピールするステッカーを貼って配達を始めました。
20121209_tyutan1.jpg

 このステッカーは、事業者による見守り活動や農村交流をアピールしようと、京都府中丹広域振興局から協定を締結している事業者に配布されたもので、中丹支部では12月5日からステッカーを付けたトラックが配達を始めました。
 京都生協は、「子ども安全パトロール」ともに、これからも地域の一員としてくらしの安心を支える取り組みをすすめます。

20121209_tyutan2.jpg※写真の「中丹ふるさと絆ネット」は、京都府中丹広域振興局が推進している事業者による見守り活動や農村交流事業の名称です。

小島富佐江さんによる講演会と震災支援フリーマーケットを行いました

2012年12月 8日

京都生活協同組合

20121207_kojimasan5.jpg
 11月29日(木曜)京都テルサで、国際協同組合年記念企画としてNPO法人京町家再生研究会理事・事務局長の小島富佐江さんをお招きし『日本のくらし、京都からの伝えごと』の講演会と震災支援フリーマーケットを行いました。
20121207_kojimasan6.jpg 小島さんは京町家にくらし、町家の保全・再生に取り組まれています。講演では京都らしい工夫を凝らした食や住、伝統を守る暮らし方についてお話いただきました。
 学習会の終了後は、この間の東日本大震災の復興支援への取り組みを、京都生協商品政策室の福永より報告しました。また被災地産品の販売や支援者によるフリーマーケット、取り組み写真のパネル掲示も行われました。
20121207_kojimasan2.jpg 20121207_kojimasan3.jpg
 参加者からは、「よいところも、不便なところも含め、町家での暮らしについて楽しく聞かせていただきました。当たり前だと思っていたことが実は、暮らしていく中で大切であり、引き継いでいかなければならないことだと感じました」「現在の復興の状況がよくわかりました。被災地産品をもっと購入したい」などの感想があがっていました。

10カ国の研修員を迎え、コープさがので省エネの研修会が行われました

2012年12月 7日

京都生活協同組合

 12月3日、コープさがのにて、JICA(国際協力機構)による開発途上国の省エネ担当者の研修会が開かれました。
20121207_1.jpg

20121207_0.jpg この研修はJICA国際研修「省エネルギー政策立案コース」の中に組み込まれたもので、アンゴラ、アゼルバイジャン、中国、コスタリカ、フィジー、フィリピン、ジャマイカ、セルビア、スーダン、イランの10カ国から、政府の省エネ実務担当の方々が参加されました。研修生は、京都生協と一緒に省エネをすすめているファイナルゲートより、コープのお店で取り組んでいる事例説明を受けた後、実際に店内や作業場・機械室などを見学されました。
 現在京都生協のお店では省エネの取り組みとして、店内の不要な照明の消灯、冷蔵機器の室外機の効率改善など、220項目の工夫を行っています。
 20121207_2.jpg 20121207_3.jpg
 写真:屋上に設置している冷蔵用室外機の効率改善について説明しています。

 参加された研修生は、「一つ一つの省エネの積み重ねが大きな成果を生み出すことに驚きました。それぞれの工夫は高い技術や特殊な器具も必要がなく、自分達の国ですぐに真似できる内容だと思いました」など感想を述べられました。

第10回ICAアジア・太平洋地域総会に参加しました

2012年12月 4日

 11月28日(木曜)、第10回国際協同組合同盟(ICA)アジア太平洋地域総会と第7回ICAアジア太平洋協同組合フォーラムが、神戸国際会議場メインホールにて開催されました。今回の総会・フォーラムに京都生協からは理事長をはじめとして9名が参加しました。
20121204_1.jpg
 同地域総会にはアジア各国の協同組合の代表が参加し、「災害時における協同組合の役割」についての報告が行われました。

20121204_3.jpg ※右写真は国別報告を行う公益法人ひょうご震災記念21世紀研究機構特別顧問(前兵庫県知事)貝原俊民氏

 フォーラムでは、阪神・淡路大震災や東日本大震災の被災状況と復旧・復興に向けた日本の協同組合の取り組みについての概要が報告されました。またアジアの代表からは、タイやフィリピンの洪水災害、スリランカやインドネシアの津波災害についての国別報告をいただきました。
 第一回アジア太平洋災害報告書によると、「アジア太平洋地域は、アフリカの4倍、ヨーロッパまたは北米の25倍も自然災害発生率が高い」とされています。今回参加の協同組合は、各国政府や国連に向けて災害管理能力育成に向けたパートナーシップの構築を呼びかけることを決議しました。
20121204_2.jpg
※写真左から、京都生協斎藤副理事長、国際協同組合同盟会長ポーリン・グリーン氏、京都生協渡邉副理事長、日岡理事、湯浅理事