« 2013年8月 |2013年9月 | 2013年10月 »

コープらくさい臨時休業のお知らせ

2013年9月30日

京都生活協同組合

コープらくさいは、店舗改装のため
10月1日(火曜)午後6時にて
営業を終了し、休業させていただきます。

休業中は、周辺の京都生協の店舗をご利用ください。
コープパリティ
コープながおか

オープンは10月中旬の予定です。

「京都府台風18号災害義援金」にご協力ください

2013年9月28日

京都生活協同組合

9月15日からの台風18号の豪雨により、府内各所では河川の氾濫による住宅の床上床下浸水、土砂災害、道路の損壊等で甚大な被害が発生しました。 京都府共同募金会ではこのたびの被害を支援する義援金の呼びかけを開始しており、京都生協でも緊急募金を呼びかけます。被災された方々を支援するため、組合員のみなさまのご協力をお願いします。 (詳しくはこちら⇒京都府共同募金会ホームページ
募金は注文用紙で
募金受付期間:10月3回?4回の注文用紙[10月14日(月曜)?10月25日(金曜)提出]に口数を書き込んでください。
(インターネット注文eフレンズでも同様に募金できます)
※自動引き落としの方/次回の商品代金と一緒に引き落としさせていただきます。
※現金支払いの方/次回のお支払い袋に募金名、募金額が記載されていますので、商品代金とともに入金してください。
■注文番号:294721(1口100円)
※例えば5口500円募金する場合294721  5
※集まった募金は全額社会福祉法人京都府共同募金会へ送金します。
※京都生協の指定振込口座へ直接の振込みもできます。恐縮ですが手数料はご負担ください。
募金専用口座となりますので、募金以外の振り込みはしないでください
(10月30日までの間に振り込みは今回の募金として扱います)
京都銀行吉祥院支店  普通口座  3830024  京都生活協同組合
※現金での募金は受け付けておりません。

台風18号に伴う共済加入者への訪問活動を行っています

2013年9月25日

京都生活協同組合

 台風18号により床上浸水等の被害を受けた地域で、 「いざという時に迅速に的確に共済金を受け取っていただくこと」を目的に、共済加入者への訪問活動が始まりました。 130925_kyousaihoumon2.jpg

130925_kyousaihoumon1.jpg 写真「ここまで泥水が上がってきました」

 被災された方の被害状況をその場で判定し、請求書類をすぐに記入してもらうことで共済金を早く受け取っていただくことができます。
 訪問は京都生協の共済事業部の職員だけでなく、千葉県のコープ共済連や大阪いずみ市民生協、ならコープ、おおさかパルコープ、コープこうべ、コープしが、大阪よどがわ市民生協からも応援をいただき取り組んでいます。

 伏見区で床下浸水にあわれた組合員さんからは「こうやって訪問してくれて、浸水時の話だけでも聞いてくれるととてもうれしいです。あきらめていた申請も、もう一度調べて問い合わせます。」の声が上がっていました。

久御山町社協と「見守り活動」の協定を締結しました

2013年9月25日

京都生活協同組合

130925_kumiyama1.jpg  9月25日(水曜)、社会福祉法人久御山町社会福祉協議会と、「地域見守りネットワーク協力事業者登録に関する協定」の調印式を行いました。

京都生協渡邉理事長(左)と久御山町社会福祉協議会の岸会長(右)

 この協定は生協の配達時等に、「郵便物や新聞等が溜まっており、声をかけても不在」などの異変を発見したとき、久御山町社協に通報するという取り組みで、京都府南部地域では宇治市と締結しています。
 久御山町を担当する洛南支部の八島支部長から「配達担当者が配達時に異常を感じ、どうしたらいいか迷ってしまう時に通報できる連絡先ができることはとてもありがたい」の発言がありました。久御山町社協の中本事務局長からは「連絡いただいたら15分以内で訪問できます。異変を感じた時は、間違いでもいいので連絡をいただきたい。」とコメントされました。
130925_kumiyama2.jpg

 京都生協は、住み慣れた地域で安心してくらし続けるため、地域の見守り活動に取り組みます。

コープ店舗モニターミーティングを行いました

2013年9月20日

京都生活協同組合

9月12日(木曜)にコープきぬがさ(北ブロック)、コープ桃山(東ブロック)、コープパリティ(西ブロック)、コープ宇治神明(南ブロック)で、コープ店舗モニターミーティングが開かれました。
 これは、お店を利用されている組合員さんから、お店の売り場やサービス、おすすめしたい商品などについてご意見を出していただき、お店を良くしていく取り組みです。

130920_1.jpg 130920_2.jpg
 いつもご利用いただいている店舗の店長を囲んで、お店についていろいろなご意見をいただきました。年末のくらしについても、お教えいただきました。年末の品揃えに反映していきます。

130920_3.jpg 130920_4.jpg
左:お母さんと一緒にミーティング参加中 (赤ちゃん)
右:メーカーさんや、商品担当者から商品の説明をしていただきました。

130920_5.jpg
 「野菜と果実の彩果菜園+食物繊維」と他メーカーのジュースの飲み比べ

平成25年度京都府総合防災訓練に参加しました

2013年9月19日

京都生活協同組合

 9月1日(日曜)、宮津運動公園で午前10時から開催された「平成25年度京都府総合防災訓練」に参加しました。
03image.jpg
 写真は訓練に参加した組合員さんの子ども達と山田京都府知事との記念撮影

 京都生協は、京都府生協連が京都府とのあいだで締結している「災害時における応急対策物資供給等に関する協定書」(1997年)にもとづき、JAグループと合同で物資の輸送・配布訓練を行いました。

 京都生協は、京都府や諸団体とともに協力し、これからも防災活動をすすめます。

9月29日(日曜)の子育て講演会「子育ていろいろーみんなでゆったりー」会場変更のお知らせ

2013年9月18日

京都生活協同組合

 9月29日(日曜)に、福知山市大江町総合会館で予定していた子育て講演会「子育ていろいろ-みんなでゆったり-」の開催会場を、「京都共栄学園高等学校・視聴覚室」(京都府福知山市篠尾62-5)へ変更します。
地図はこちら⇒京都共栄学園ホームページアクセスマップ

※大江町総合会館は、台風18号によるかん水のため使用できなくなりました。
 ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

CO・OP共済にご加入のみなさまへ

2013年9月18日

京都生活協同組合

CO・OP共済にご加入のみなさまへ

 このたびの台風18号により被害を受けられたみなさまに、謹んでお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧と、みなさまのご健康を心よりお祈り申し上げます。

 台風の影響により、ケガをされたり入院・通院等をされた場合、ご加入内容によって共済金のお支払い対象となる場合があります。
 また、<たすけあい>にご加入の場合、住宅や家財に被害を受けた場合でも、程度により共済金の対象となります。
 詳細につきましては、下記までお問い合わせ下さい。

<問合せ先>
  フリーダイヤル:0120−55−9431
  受付時間:午前9時?午後6時(日曜日は定休日)

台風18号の影響に関するお知らせ

2013年9月17日

京都生活協同組合

台風18号により被害を受けられた皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。


<宅配商品のお届けについて>
 昨日は台風の影響で一部の地域で配達の遅れや欠品が発生し、誠に申し訳ございませんでした。昨日配達できなかった商品については、本日のところで順次お届けする予定です。

<CO・OP共済にご加入の皆さまへ>
 ケガ、入院、通院をされた場合、また、住宅や家財に被害があった場合、被害の程度により共済金の対象となる場合があります。詳しくは下記までご連絡ください。

フリーダイヤル0120−55−9431  受付時間:午前9時?午後6時(日曜日は定休日)

ユニセフ「シリア緊急募金」へのご協力のお願い

2013年9月16日

京都生活協同組合

syria_130730.JPG 2011年に始まったシリアの紛争が今年に入ってさらに激化し、312万人の子どもが影響を受け、さらに100万人が周辺国に避難を強いられるなど、約400万人の子どもたちが、今危機に直面しています。
※写真:避難所となった学校の校庭で遊ぶ子どもたちUNICEF/Syria/2013/Morooka
 今この時も命の危機にさらされているシリアの子どもたちのため、日本ユニセフ協会では『シリア緊急募金』を呼びかけています。これを受けて京都生協でも、組合員のみなさまへ緊急募金を呼び掛けます。
 ご協力をよろしくお願いいたします。

詳しくはこちらをごらんください⇒日本ユニセフ協会ホームページ

◆10月1回?10月3回までの期間、宅配注文書にて以下の番号で募金ができます。
  注文番号「999」ユニセフ緊急募金
  ※「1」とご記入いただくと100円の募金ができます。

◆たまったポイントから募金する場合は、10月1回?10月3回までの期間、宅配注文書の注文番号記入欄に以下の番号と口数をご記入下さい。
  注文番号「279960」ユニセフ緊急募金(1口100円)

※集まった募金はユニセフ協会を通して送金させていただきます。
※現金での募金は受け付けておりません。

問い合わせ:京都生協組織運営部 でんわ075−672−6304

9月13日(金)コープさがのリフレッシュオープンしました!!

2013年9月13日

京都生活協同組合

 この間、改装のために休業しておりましたコープさがのが装いも新たにリフレッシュオープンいたしました。
改装中は大変ご不便をおかけし申し訳ございませんでした。
職員一同、気持ち新たに頑張ってまいりますので、ぜひご来店くださいませ。

130913-01.jpg  130913-02.jpg
オープニングセレモニー                挨拶する渡邉理事長
130913-03.jpg  130913-04.jpg
オープンから沢山のご来店いただきました。  新しくお肉のお店「さのや」が仲間入り

■営業時間 午前9時30分?午後9時

 皆様の御来店を心からお待ちしております。

コープさがのの地図はこちら⇒コープさがののご案内

おやこパン教室を開催しました

2013年9月10日

京都生活協同組合

 9月7日(土曜)、京都生協の「たべる*たいせつ」キッズクラブの取組みで、おやこパン教室を開催しました。
130910_pan0.jpg

 コープ男山を会場に、9組(大人9人、子ども11人)の参加がありました。
 料理の前に、キッズクラブサポーターの柴さんから「手の洗い方」を教えてもらいました。次に、キッズクラブサポーターの笠井さんが先生となり最初に「チョコパン」、次に「ハムロール」を作りました。参加者全員がパン作りは初めてだったので、先生の説明をしっかり聞きながら作りました。
 最初はドキドキしながら生地を丸めていた子どもたちも、だんだんと上手にできるようになりました。
 途中のベンチタイム(パン生地を休ませる時間)では、サポーターの渕田さんが、楽しいパンについてのクイズを行いました。みんなとっても盛り上がりました。 
 オーブンに入れたパンから、いい匂いがしてきたら焼き立てパンのできあがり。
 自分たちで作ったパンはとってもおいしかったようです。

 食後には、先生から「パン職人認定証」が授与されました。
最後に、お腹いっぱいだけど片付けまでがお料理ということで、みんなで一緒にお皿を洗って終了しました。 

fb01.jpg fb02.jpg
まず、40グラムずつに計量して丸めます。 大好きなチョコをパンに入れました。

fb03.jpg fb04.jpg
先生の説明を真剣に聞いています。     チャレンジ!

fb05.jpg fb06.jpg
おいしいパンができあがり。          おいしい(^○^)

fb07.jpg fb08.jpg
       表彰式。         最後の片付けまでしっかり行いました。

第12回 書き損じハガキ回収キャンペーンの報告

2013年9月 9日

京都生活協同組合

130909_HFW1.jpg 家庭でできる国際協力として、NGOハンガー・フリー・ワールドが呼びかける「第12回書損じハガキ回収キャンペーン」へ参加しました。今年の3月?5月にかけて、京都生協の組合員さんから送られた回収封筒は、4121件でした。ご協力ありがとうございました。
※写真:換金作業にボランティアとして協力している関東地方の生協組合員

(1)換金額 726万6998円(前年416万7806円)

未使用・書き損じハガキ
3,071,225円
未使用切手
1,728,197円
使用済み切手
100,150円
ブルーチップ・グリーンスタンプ
573,750円
使用済みディズニーパスポート
1,362円
中古CD・DVD・ゲーム
77,840円
金・プラチナ
506,319円
外国紙幣
269,534円
商品券
938,621円
合計
7,266,998円

(2)換金されたお金は、こんな支援活動に活用されています。

130909_HFW2.jpg

バングラディシュ
女性のための職業訓練の様子。受講した女性の約3割が、学んだ技術を生かして実際に商売を始めています。

130909_HFW3.jpg

べナン
井戸建設により、手洗いなどの衛生指導に使う井戸水を簡単に手に入れられるようになりました。

130909_HFW4.jpg

ウガンダ
ウガンダ初の栄養改善プロジェクトが順調に成果をあげ、こどもたちは体重が健康的に増加するようになり、病気にかかりにくくなりました。

130909_HFW5.jpg

ブルキナファソ
女性協同組合への支援として、果樹植林事業が始まりました。土壌に合い、市場で高く売れるマンゴーとグァバを植えているところです。

※支援内容の詳細はこちら⇒ハンガーフリーワールドのホームページ

動画でも紹介しています⇒支援先からのビデオレター

アメリカ合衆国における核性能実験の実施に抗議します

2013年9月 4日

アメリカ合衆国 大使館 気付
バラク・フセイン・オバマ・ジュニア大統領 閣下

京都生活協同組合
理事長:渡邉明子

アメリカ合衆国における核性能実験の実施に抗議します

 貴国が、2013 年4 月?6 月に強力なエックス線を発する実験装置である「Zマシン」を使用して、核兵器の性能を調べる実験を実施したことが報道で明らかになりました。
 大統領閣下は、2013 年6 月のベルリンでの演説において、一層の核削減に向けた意思表明されたにもかかわらず、その一方で、演説と同時期である2013 年4 月?6 月にこのような核実験を行っていたことに対し、私たちは大きな憤りをもって抗議します。
 貴国の行為は、大統領閣下が2009 年4 月にプラハで提唱した「核兵器のない世界の実現」の理念に反するとともに、他国にも核開発の口実を与え、核兵器廃絶を求める世界の世論に逆行するものです。
 私たちは、核兵器の悲惨さを体験した唯一の国にある生協として、核兵器をなくすとりくみをすすめ、全国の生協の仲間や被爆者の方々と共に、核兵器の廃絶を訴えてきました。核兵器は一刻も早く廃絶すべきであり、核兵器の保有、使用、威嚇、開発、実験等は容認できません。
 貴国が直ちにいっさいの核兵器に関する実験を中止し、2010 年の核不拡散条約(NPT)再検討会議において確認された核兵器廃棄の明確な約束を果たすとともに、核兵器を廃絶するための具体的な施策をとることを強く求めます。

以上