« 2014年6月 |2014年7月 | 2014年8月 »

木津川市社会福祉協議会と見守り協定を締結しました

2014年7月29日

京都生活協同組合

 7月29日(火曜)、木津老人福祉センターで木津川市社会福祉協議会と「見守り加盟店の登録に関する協定(見守り協定)」を締結しました。
140729_0.jpg
※木津川市社会福祉協議会吉田会長(左)と、京都生協渡邉理事長(右)

140729_1.jpg← 参加した京都生協職員も加わり記念撮影

渡邉理事長は「生協が、事業を通じて地域の見守り活動に役立てることは、とてもうれしく思います。」と述べました。

 木津川市では1万2600世帯以上(全世帯の約48%)が京都生協に加入されており、そのうち約6650世帯で、生協の配達を利用いただいています。

 この協定は生協の配達時に、「配達した商品が置きっぱなしになっている」「ポストに新聞や郵便物がたまっている」などの異変を感じたとき、生協から木津川市社協に通報するという取り組みです。連絡を受けた木津川市社協は安否の確認など必要な対応を行います。

 京都生協では、日常の業務を通じて異変を感じた場合などに、木津川市社会福祉協議会と連携して速やかな対応を図ります。

募金への御礼とご報告

2014年7月29日

京都生活協同組合

「くらしの助け合いの会」への募金(4月)および、平和募金(5月・6月)についての報告をさせていただきます。

■「くらしの助け合いの会」への募金
  総額    40万2733円

■平和募金
  総額110万2286円(7月10日現在)

 募金にご協力いただいた皆さまに厚く御礼申し上げます。活動費等として有効に活用させていただきます。

長岡京市・京都府と見守り協定を締結しました

2014年7月23日

京都生活協同組合

 7月23日(水曜)、長岡京市役所で長岡京市・京都府と「山城ふるさとを守る活動に関する協定(見守り協定)」を締結しました。乙訓地域での見守り協定は、大山崎町に続いての締結です。
140723_nagaokakyoh0.jpg
※写真左から京都府山城広域振興局藤澤副局長、京都生協渡邉理事長、長岡京市小田市長

140723_nagaokakyoh1.jpg← 参加した京都生協役職員も加わり記念撮影

 長岡京市では全世帯の52%以上で、京都生協に加入いただいています。
 今年度中に始まる夕食サポート(夕食の弁当配達)でも見守り活動を行います。

 見守り活動は生協の配達時に、「配達した商品が置きっぱなしになっている」「ポストに新聞や郵便物がたまっている」などの異変を感じたとき、生協から長岡京市の窓口に連絡をします。連絡を受けた長岡京市は安否の確認など必要な対応を行なうというものです。

 京都生協では、日常の業務を通じて異変を感じた場合などに、長岡京市と連携して速やかな対応を図ります。

親子手打ちうどん教室を開催!

2014年7月 8日

京都生活協同組合

 7月6日(日曜)、京都生協きぬがさ会館で、親子手打ちうどん教室を行いました。
140708_udon0.JPG
 京都生協の食育企画「たべる*たいせつキッズクラブ」のサポーターが講師を担当し、生協組合員親子27人が参加。当日はおいしいめんつゆ作りにもチャレンジしました。

140708_udon1.JPG 140708_udon2.JPG
うどん粉をこねて(左)、のばします(右)

140708_udon3.JPG 140708_udon4.JPG
のばしたうどんを切って(左)、大きなお鍋で湯がきます(右)

140708_udon5.JPG 140708_udon6.JPG
お皿に盛りつけ(左)、みんなで「いただきます!」(右)

140708_udon7.JPG 140708_udon8.JPG
食事のあとは表彰式(左)、片づけも行いました(右)


被災地生協へ京都のお菓子を送りました

2014年7月 8日

京都生活協同組合

 7月8日いわて生協、みやぎ生協、コープふくしまへ、京都のお菓子を送りました。
 被災地各生協は現在も仮設住宅でのサロン活動を継続しています。その活動で活用いただくために、今回は京都生協のギフトで取引のある甘春堂の「豊太閤」「撓しほり」を送付しました。

houtaikou-big.jpg shihori-big.jpg
写真左:「豊太閤」(柚子あん)、右:「撓しほり」(黄味あん)

 京都生協は今後も東日本大震災復興を支援します。
 組合員の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

「東日本大震災支援の活動カンパ」の取り組みや
「活動カンパ」管理委員会についてはこちら ↓
震災支援の活動カンパ協力のお願い!

コープカレッジで料理教室を開催!

2014年7月 8日

京都生活協同組合

 組合員活動「コープカレッジ」の2回目となる取り組みが京の食文化ミュージアム・あじわい館(7月1日)と、宮津市保健センター(7月4日)の2会場で開催され、合わせて約70名の組合員が参加しました。
140708_coopcollege0.jpg

 コープカレッジに登録した組合員が、学び、交流する企画で、6月に開催された第1回目では料理研究家の大原千鶴先生をお招きし、先生が料理で大切にされていることや秘訣についてお話しいただきました。
 第2回目の今回は、引き続き大原先生を講師に迎え、季節の野菜を手早くおいしく調理する時短クッキングの実践講習会となりました。「大原流フライドポテト」や「きゅうりのおつゆ」など1時間弱で9品を教えていただきました。その後、参加者も一緒に調理し、手間を省きつつ素材の味をより引き出す献立を楽しみました。
140708_coopcollege1.jpg 140708_coopcollege3.jpg
大原先生に料理のコツを説明いただきながら、実践

140708_coopcollege2.jpg 140708_coopcollege4.jpg
次に参加者もグループに分かれて実践(左)、出来上がった料理(右)


7月4日の宮津会場の様子を動画で紹介しています

 地場野菜を使って手早く調理されたお料理を味わいながら参加者同士で料理の話題に花が咲きました。
■参加者の感想を紹介(抜粋)
・もっと肩の力をぬいて、料理すればいいのだとわかりました。
・フライドポテトを油の温度が低い状態から揚げてもカラッとするのに驚き、家でもやってみたいと思いました。おだしをポットでつくっておくというのも、見習いたいと思います。青じそしょうゆ漬けも簡単だし、ノリのかわりに食べられるので、やりたいと思います。
・全レシピ、とても美味しかったです。ご馳走さまでした。全部家で再挑戦します。
・身近な食材で、簡単に手早くできるお料理ばかりでした。グループの方々も、気持ち良い方々ばかりで、今日は本当に楽しい1日でした。
・大原先生のことをテレビで見て知っていました。今回、簡単でしかも身近にある材料を使ってチャチャッと作れるお料理を指導していただき、ずい分やる気が出ました。また家庭でも実践したいと思います。

2013年度決算にもとづくCO・OP共済の割戻しのお知らせ

2014年7月 6日

京都生活協同組合

≪たすけあい≫
 コースごとの支払率に応じて割戻率が異なります。
※近日中にコープ共済連より発送される「割戻金のご通知」でご確認ください。

≪あいぷらす≫
 ご加入の基本契約・特約、年齢・性別ごとに割戻率が異なります。
※10月にコープ共済連より発送される「共済掛金払込証明書」でご確認ください。

≪ずっとあい≫
前年度同様に剰余がないため割戻しはありません。

問い合わせ コープ共済センター
フリーダイヤル0120−55−9431
受付時間 午前9時?午後6時(日曜・年末年始休み)

夏の節電の取り組みについて

2014年7月 3日

京都生活協同組合

 京都生協では、今夏の電力需給逼迫への対応として、また、原子力発電に頼らないエネルギー政策を目指すために、子会社を含めグループ全体で使用電力削減に取り組みます。
 施設照明の一部消灯、エアコンの28度設定等を実施しておりますので、ご理解とご協力を宜しくお願いいたします。


■京都生協各事業部で育てているグリーンカーテンも大きくなってきました。真夏までに窓を覆うほど成長して、日陰を作ってくれますように!
140703hinshitsu.jpg 140703keieikikaku.jpg
品質保証部(左)と経営企画部(右)のグリーンカーテン

大山乳業農協京都営業所でもグリーンカーテンを育成中!
140703daisen.jpg

■組合員の皆さまに、「Let's 省エネチャレンジ!!」の参加を呼びかけています。
 詳しくはこちら⇒「Let's 省エネチャレンジ!!」ページ