« 2017年3月 |2017年4月 | 2017年5月 »

コープにしがもリフレッシュオープン!

2017年4月28日

京都生活協同組合

本日、コープにしがもがリフレッシュオープンしました。170428nishigamo0.jpg上写真:オープン時の店内の様子

コープにしがもについてはこちら⇒店舗のご案内&地図

170428nishigamo03.jpg 170428nishigamo01.jpg
人気の手作りおむすびも登場(左)、地場野菜コーナーの生産者が増えました(右)

170428nishigamo02.jpg 170428nishigamo04.jpg
畜産コーナーに、お肉の対面販売「銀閣寺 大西」がオープン!(左)
一時は入店制限となりまして、申し訳ございませんでした(右)

170428nishigamo08.jpg 改装休業中は、組合員の皆さまには大変ご不便をおかけいたしました。
 店舗開設以来この地に42年。皆さまのくらしとお気持ちに寄り添い、より心地よくお買物していただけるお店を目指し、職員一同、精一杯取り組んで参ります。
 新しくなったコープにしがもにぜひともご来店いただきますよう、心からお願い申し上げます。
(コープにしがも店長 高梨)

道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」グランドオープンしました

2017年4月21日

京都生活協同組合

 4月15日(土曜)午前9時、道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」がグランドオープンしました。170421michinoeki0.jpg やまなみ太鼓・絆による迫力あるオープニング演奏、南山城村村長のあいさつのあといよいよ開店。
 お店はお茶や野菜などの地元・南山城村の特産品をはじめ、京都府内や村に隣接する県の特産品を販売するお土産物屋さんの側面と、地元住民の暮らしを支えるふだん使いの食料品や日用雑貨を置くスーパーマーケットの側面があり、コープ商品を取り扱っています。
170421michinoeki01.jpg 170421michinoeki02.jpg 170421michinoeki03.jpg
 当日は前を通る国道163線が渋滞し、生鮮食品の一部の納品が遅れるというハプニングがありましたが、オープンを記念する餅つきや南山城産のお茶を味わうお茶席もあり、たくさんのお客さんでにぎわいました。

※京都生協は南山城村、(株)南山城と包括連携協定を締結しています。
くわしくはこちら↓
2016年11月1日、南山城村、株式会社南山城と「地域活性化に関する包括連携協定」を締結しました

亀岡「旭の森」森林活動体験会を開催しました

2017年4月19日

京都生活協同組合

 4月15日(土曜)亀岡市旭町で、森林保全活動と親子参加の親子森林体験会を開催しました。170419shinrin00.jpg 参加者は、午前9時に旭町コミュニティセンターに集合し、松尾神社までの自然を観察するグループ(親子グループ)と保全活動作業グループに別れて出発。
 保全活動グループは湯谷山の見晴らし台での片付けや頂上付近での伐採作業しました。
170419shinrin02.jpg 170419shinrin01.jpg
伐採木の片付け(左)と、見晴らし台での記念撮影(右)

 親子グループはあぜ道のタンポポ等や神社境内の新緑を観察しました。
 お昼前にはコミュニティセンターへ戻り、丸太切り大会を開催。直径7センチメートルほどのヒノキの丸太を50グラムを目指して切り分けました。
 昼食後、旭町三俣山組合に提供いただいたコナラの木を使って、シイタケの菌打ち体験会を開催。参加者は慣れない電動ドリルを使いながら、シイタケの菌コマを植え付けました。2年後シイタケが出てくることを楽しみに、一人1本ずつホダ木を持ち帰りました。
170419shinrin001.jpg 170419shinrin002.jpg 170419shinrin003.jpg
ネイチャーゲーム「森の美術館」(左)、のこぎり競争表彰式(中)、シイタケ菌打ち体験(右)170421shinrin.jpg 当日の様子は京都新聞でも紹介されました。

2016年度ユニセフお年玉募金贈呈式を開催しました

2017年4月 5日

京都生活協同組合

 3月29日(水曜)、城陽市の文化パルク城陽で、2016年度ユニセフお年玉募金贈呈式を開催し、大人68人、子ども53人の計121人が参加しました。170405unicef00.jpg 日本ユニセフ協会の石尾匠さんの「ユニセフってなあに?」の講演は子どもたちにもわかりやすいお話で、大人も子どもも静かに聞き入っていました。
 その後、ユニセフの指定募金先となるミャンマースタディツアーから帰国した福本桂子さんによる報告会があり、ミャンマーの国について学ぶクイズを親子で楽しみました。
170405unicef0.jpg 会場には、南ブロックの6つのエリア会よりユニセフの活動内容を知るブースの展示があり、脱脂粉乳の試飲コーナーや蚊帳体験コーナー、水の入ったペットボトルをぶら下げた棒を担いでみる水運び体験コーナーなどがあり、多くの子どもたちでにぎわいました。
 2016年度のお年玉募金384万135円のうち、300万円を「ミャンマー指定募金」として、残りを一般募金として日本ユニセフ協会に送ります。

「くらしの助け合いの会」を支える募金お願いします!

2017年4月 2日

京都生活協同組合

 これまで通りのくらしが難しくなることは誰でもあります。病気やけが、高齢、産前産後など「ちょっと困ったな...」に買物・外出・そうじ・食事づくり・洗濯など組合員同士「お互いさま」の気持ちで、くらしを支え合って今年で31年目を迎えました。少子高齢、格差拡大、介護保険制度の見直しなどくらしはますます厳しいものになってきています。今こそくらしの助け合いの会の役割りをより一層発揮したいと思います。みなさんの大きなご支援ご協力をよろしくお願い致します。
■募金方法: 4月3回、4回、5月1回、2回の共同購入・個配のOCR注文書に募金番号と口数をご記入ください。
1125・・・1口100円
294721・・・1口1000円
279960・・・(ポイント)1口100円

申し込み・問い合わせ:くらしの助け合いの会
でんわ 075-465-6886
午前10時から午後4時(土日祝休)