« 2017年7月 |2017年8月 | 2017年9月 »

福島県の仮設住宅よりお礼状などをいただきました

2017年8月24日

京都生活協同組合

 定期的に京都のお菓子を送付している福島県の仮設住宅より、お礼状と一緒に一閑張りのカゴをいただきました。
170824fukushimakago.jpg

以下いただいたお礼状

 毎日、暑い日が続きますここ福島ですが、京都の皆様、如何お過ごしでしょうか。
 大変遅れてしまいましたが、いつもいつも大変おいしいお菓子をご支援いただきましてありがとうございます。仮設のみなさんと楽しくお茶会をさせていただきました。
 私たち飯館村は今年の3月31日をもって帰村可能とはなりましたが、まだまだ復興の途中であり、安心して暮らせるふるさとではないのです。しかし、それでも"ふるさと"なのです。そんな複雑な思いの中で、未だ仮設暮らしをしております。
 皆様には当初より数多くのご支援をいただいておりますことに、深く感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。
 つまらないものですが、ひまつぶしに作った一閑張りのカゴを送らせていただきます。ご笑納ください。

松川第二仮設 管理人

CO・OP共済《たすけあい》《あいぷらす》《ずっとあい》にご加入の皆さまへ

2017年8月31日

京都生活協同組合

 「控除証明書(共済掛金払込証明書) 兼 割戻通知書」発送時期のお知らせについて
 《たすけあい》の「割戻金のご通知」と「共済掛金払込証明書」、《あいぷらす》《ずっとあい》の「共済掛金払込証明書」をそれぞれひとつにして、まとめて8月下旬より発送いたします。
 年末調整、確定申告まで大切に保管してください。
■問い合わせ:コープ共済センター
 フリーダイヤル 0120-55-9431 午前9時から午後6時(日曜・年末年始休)

京都市支え合い型ヘルプサービス従事者養成研修 参加者募集

2017年8月28日

京都生活協同組合
福祉事業部

京都市支え合い型ヘルプサービス従事者養成研修 参加者募集

■実施日:10月26日(木曜)・27日(金曜) 午前10時から午後3時
    ※両日共に受講する必要があります。
■場所:コープきぬがさ会館2階 相談室 グーグルマップ
(京都市北区平野宮北町35 コープきぬがさ会館2階
※生協店舗:コープきぬがさの南側、クロネコヤマトの2階です) 
■定員:10名
■参加費:500円(テキスト代実費として)
■募集期間:10月24日(火曜)まで(但し、定員に達した場合は締切ります)
◆参加について
1.16歳以上で、平成29年4月より京都市で実施する介護予防・日常生活支援総合事業の「支えあい型ヘルプサービス」での従事を希望する方
2.二日間を通して参加できる方
※介護訪問員(ヘルパー2級・初任者研修)以上の資格を有する方は、受講をご遠慮ください。
■申し込みお問い合わせ 
京都生協 福祉事業部  電話075-465-0370  ファックス075-467-0330
又は、電子メール  kurashisoudan@kyoto.co-op.jp
※※すでに「京都市支え合い型ヘルプサービス従事者資格登録証」をお持ちで、京都生協で働きたい方も合わせて、募集しています。お問い合わせください※※
「支え合い型ヘルプサービス」とは
平成29年4月から京都市で実施する「介護予防・日常生活支援総合事業※」において新設された新しいサービスで、高齢者のニーズの高い掃除や買い物代行等の生活援助(家事)を、研修により一定の技術や知識を習得した方が、家庭を訪問して支援するものです。
本研修の修了者は、京都市支え合い型ヘルプサービス従事者資格がある者として京都市に登録され、「京都市支え合い型ヘルプサービス従事者資格登録証」が発行されます。この登録証は、訪問介護員と同等の資格を有する方等に該当しない方が、支え合い型ヘルプサービスに従事する際に必須となります。

夏休み子どもエコ教室を開催!

2017年8月 9日

京都生活協同組合

 8月8日(火曜)京都府立体育館(島津アリーナ京都)第2競技場で、夏休み子どもエコ教室を開催しました。(下写真はもったいない鬼ごっこの様子)170809eco0.jpg 今年は食品ロスをテーマに地球温暖化について学びました。小学生33人、保護者27人が参加。まず、食品ロスとは何か、それは何故おこるのかということを、講師による説明とゲーム「もったいない鬼ごっこ」で勉強しました。生産現場では不揃いの野菜、加工現場では包材の印字ミス、スーパーでは賞味期限の過ぎそうなもの、そして食卓では嫌いな物の食べ残し、このように生産から消費までのプロセスの中で発生する食品のロスを知ることが出来ました。後半は地球温暖化とは何か、その原因や対策についてスライドで学びました。そして温暖化と食品ロスの関係についても学びました。170809eco1.jpg

<参加者の感想より(抜粋)>
琴音ちゃん(3年)...食べ物の1/8がすてられているんだとはじめてしりました。ごはんをのこさずに食べたいと思います。しょうみきげんをきにして食べたり買ったりしたいです。
170809eco02.jpg綾乃ちゃん(3年)...地球温だんかをふせぐには、みんなが力をあわせればいいと思う
たかきくん(3年)...にさんかたんそがどうなると、でるのかしれてよかったです。食べものがすてられていることをしれました。食べものをできるだけすてないようにしようとおもいます。のこさずごはんを食べようとおもいます。
たかきくん(3年)...にさんかたんそがどうなると、でるのかしれてよかったです。食べものがすてられていることをしれました。食べものをできるだけすてないようにしようとおもいます。のこさずごはんを食べようとおもいます。
光姫ちゃん(3年)...はじめて食品ロスをしりました。はじめて知ったのでこれからは、きらいな物でもちょっとはちょうせんしようと思いました。せつめいがわかりやすかったのでよかったと思います。
汐音ちゃん(6年)...私は今日のエコ教室で学習して、地球温だん化は一人ひとりの課題だと思いました。また来たいです。

丹後地域におけるまちづくりに関する連携協定を締結しました

2017年8月 7日

京都生活協同組合

8月6日(日曜)京丹後市の丹後王国食のみやこで、「丹後地域におけるまちづくりに関する連携協定」を締結しました。170806tango0.jpg

170806tango01.jpg協定締結式には宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町、(公財)丹後地域地場産業振興センター、(一社)京都府北部地域連携都市圏振興社、(一財)丹後王国食のみやこ、(株)丹後王国、京都生活協同組合、立会人として京都府丹後広域振興局長が参加。協定を通じて、丹後産品の開発や販売、過疎・高齢化地域との協働などを重点事業に取り組みます。

調印後の挨拶の中で京都生協畑理事長は「安心してくらせるまちづくりは生協の組合員の要望でもあり、この協定によって少しでも力になれることはとてもうれしいことです。京都生協は地域社会の一員として、より一層の自らの役割を発揮したいと考えています」とコメントしました。

国際協同組合デー京都集会でせいきょう牛乳の普及のとりくみを発表しました

2017年8月 3日

京都生活協同組合

 8月3日(水曜)、キャンバスプラザ京都で開催された「国際協同組合デー第28回京都集会」で、京都生協の職員がせいきょう牛乳普及のとりくみ「ミルキープロジェクト」について発表しました。170803IDC1.jpg 2人の職員はミルキープロジェクトが誕生した背景から、パッケージ変更やホームページリニューアルなどせいきょう牛乳普及に向けての具体的なとりくみとその結果を報告しました。170803IDC2.jpg
 当日はその他、農協、漁協、森林組合で活躍されている皆さんが活動内容を発表されました。

※国際協同組合デー:毎年7月の第1土曜日に、全世界の協同組合員が心を一つにして協同組合運動の発展を祝い、平和とより良い生活を築くために、運動の前進を誓い合う日と位置付けられています。1922年10月、ドイツ・エッセン市で開催されたICA(国際協同組合同盟)中央委員会が国際協同組合デーの制定を決議し、翌1923年には第1回目のデーが世界22カ国で祝賀されました。その後、世界各国で祝典や講演会などが継続して行われています。

"音訳ボランティア"大募集!キャンバスを声でお届け!

2017年8月 5日

京都生活協同組合

 私たちは、お買いものサポーター「みちくさ」といいます。視覚に障害をお持ちの組合員約60人の方に、商品案内カタログを読みあげて録音したCD「声のキャンバス」をお届けしています。利用を始められた方から「こんなにたくさん商品があることを知り驚きました。色々と注文しようと思います」「チケットや日用品の案内を毎回楽しみにしています」「玄関まで配達してもらえて助かります」など喜びの声をたくさんいただいています。
 本を読むのが好きな方、音訳に興味をお持ちの方、ボランティアに関心をお持ちの方、ぜひお手伝いください。パソコンがあれば必要な機器をお貸しします。 ご自宅でできる作業です。
■問い合わせ:福祉ネットワーク担当(やすなが)
電話・ファックスとも  075-465-6882

自転車の保険について

2017年8月 4日

(株)京都コープサービス
コープ保険サービス

 京都市・府が自転車保険の加入義務化をすすめています。
 加入を求められるのは、自転車事故で他人にケガをさせた場合に補償する「損害賠償保険」(共済含む)です。
 たとえば自動車保険や火災保険の特約、共済など、自転車事故を補償する損害賠償保険なら対象になります。
 コープ保険サービスでは、「新コープのケガ保険」をご案内しています。
☆日常生活における賠償責任の補償を付けることができます(最高1億円)
☆ご年齢にかかわらず、どなたでもご加入いただけます。
■申し込み・問い合わせ:
コープ保険サービス ホームページはこちら
フリーダイヤル0120-39-9775 午前10時から午後5時(土日祝休)
*コープ保険サービス(株式会社京都コープサービス)は、京都生協が100%出資する子会社で、生損保の保険代理店です。
17-TC00152 2017年6月作成

コープハウジング「住まいの相談会」開催します

2017年8月 3日

(株)京都コープサービス
コープハウジング

 下記2日間、メーカーのショールームにてコープハウジングの担当者が住まいのご相談を承ります。
【ご相談事例】
・キッチン、浴室、トイレなどの水廻りリフォームや取替え
・窓、玄関、車庫などの外回り
・屋根、外壁などの大雨台風対策や内装など住まいの事全般。
ご相談お見積りは無料です。来場予約特典あり、ぜひご利用ください。
■日時会場:両日午前10時から午後5時
9月2日(土曜)LIXIL京都ショールーム
9月3日(日曜)TOTO京都ショールーム
■交通:地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」下車徒歩5分ほど
■申し込み・問い合わせ:コープハウジング(担当:梅田)
ご来場の日時とご相談内容をお申込みください。
フリーダイヤル0120-818-395
午前9時30分から午後5時15分(日祝休)

詳しくは8月5回配布のコープハウジングのちらしをご覧ください。

毎回好評!「エンディングノートの書き方」学習会

2017年8月 2日

京都生活協同組合

 いつかは訪れる人生の終い...。自分らしく生きるために...。
 残された家族を安心させるために、また自分や親の「そのとき」に備えて、準備しておきたい基礎知識、残された家族に伝えておきたい思いを「エンディングノート」にして残しておきましょう!
■日時:9月28日(木曜)午前10時30分から午後12時30分
■場所:クオレ案内センター会議室(コープ二条駅北側)グーグルマップ
■交通:JR・地下鉄東西線「二条」下車3番出口より60m 京都市バス・京都バス「二条駅前」下車いずれも徒歩3分
■募集:20人
■参加費:1人100円(資料代)
■講師:組合員LPA(ライフプラン・アドバイザー)
■申し込み締め切り:9月22日(金曜)定員になり次第締め切ります
■申し込み・問い合わせ:共済事業部LPA事務局(担当:中町)
でんわ075‐662‐5100 午前9時30分から午後5時(土日祝休)

「相続」はライフプランの最終章です 相続の基礎知識を学びましょう

2017年8月 1日

京都生活協同組合

 もしもの時に残された家族が安心して生活できるように、誰(遺族)に何(遺産)を残すのかを考えておくことは大切なことです。「相続」が「争族」にならないために、相続、遺言の基礎知識を学びましょう。
■日時:8月24日(木曜)午前10時30分から12時
■場所:クオレ案内センター会議室(コープ二条駅北側) グーグルマップ
■交通:JR・地下鉄東西線「二条」下車3番出口より60m 京都市バス・京都バス「二条駅前」下車 いずれも徒歩3分
■募集:20人
■参加費:1人100円(資料代)
■講師:組合員LPA(ライフプラン・アドバイザー)
■申し込み締め切り:8月18日(金曜)定員になり次第締切ります
■申し込み・問い合わせ:共済事業部LPA事務局(担当:中町)
でんわ075-662-5100 午前9時30分から午後5時(土日祝休)