トピックスのトップニュース取り組み夏休み子どもエコ教室を開催!

夏休み子どもエコ教室を開催!

2017年8月 9日

京都生活協同組合

 8月8日(火曜)京都府立体育館(島津アリーナ京都)第2競技場で、夏休み子どもエコ教室を開催しました。(下写真はもったいない鬼ごっこの様子)170809eco0.jpg 今年は食品ロスをテーマに地球温暖化について学びました。小学生33人、保護者27人が参加。まず、食品ロスとは何か、それは何故おこるのかということを、講師による説明とゲーム「もったいない鬼ごっこ」で勉強しました。生産現場では不揃いの野菜、加工現場では包材の印字ミス、スーパーでは賞味期限の過ぎそうなもの、そして食卓では嫌いな物の食べ残し、このように生産から消費までのプロセスの中で発生する食品のロスを知ることが出来ました。後半は地球温暖化とは何か、その原因や対策についてスライドで学びました。そして温暖化と食品ロスの関係についても学びました。170809eco1.jpg

<参加者の感想より(抜粋)>
琴音ちゃん(3年)...食べ物の1/8がすてられているんだとはじめてしりました。ごはんをのこさずに食べたいと思います。しょうみきげんをきにして食べたり買ったりしたいです。
170809eco02.jpg綾乃ちゃん(3年)...地球温だんかをふせぐには、みんなが力をあわせればいいと思う
たかきくん(3年)...にさんかたんそがどうなると、でるのかしれてよかったです。食べものがすてられていることをしれました。食べものをできるだけすてないようにしようとおもいます。のこさずごはんを食べようとおもいます。
たかきくん(3年)...にさんかたんそがどうなると、でるのかしれてよかったです。食べものがすてられていることをしれました。食べものをできるだけすてないようにしようとおもいます。のこさずごはんを食べようとおもいます。
光姫ちゃん(3年)...はじめて食品ロスをしりました。はじめて知ったのでこれからは、きらいな物でもちょっとはちょうせんしようと思いました。せつめいがわかりやすかったのでよかったと思います。
汐音ちゃん(6年)...私は今日のエコ教室で学習して、地球温だん化は一人ひとりの課題だと思いました。また来たいです。