電気と環境のはなし

日本のエネルギーの
現状と課題

私たちの暮らしにエネルギーは欠かせません。
現在のエネルギー源は、石油・石炭・天然ガス(LNG)等の化石燃料への依存度が高く、地球温暖化や資源枯渇の問題、放射性廃棄物の処理に問題があり、将来にわたって持続可能なエネルギー源とはいえません。
そのため世界各国で、クリーンで資源が枯渇しない、再生可能エネルギーへの転換が進められています。

国内資源のエネルギー自給率(国別)

2018年の日本の自給率は11.8%で、
他の国と比べても低い水準です。

日本のエネルギー自給率わずか8%

出典:IEA「 World Energy Balances 2019」の2018年推計値、日本のみ資源エネルギー庁「総合エネルギー統計」の2018年度確報値。
※表内の順位はOECD(経済協力開発機構)35カ国中の順位
一次エネルギー:石油、天然ガス、石炭、原子力、太陽光、風力などのエネルギーのもともとの形態

※横スクロールで、ご覧いただけます

日本のエネルギー供給構成

海外から輸入される石油・石炭・天然ガス(LNG)など化石燃料に大きく依存しています。

出典:資源エネルギー庁「総合エネルギー統計」
※四捨五入の関係で、合計が100%にならない場合がある。
再エネ等(水力除く地熱、風力、太陽光など)は未活用エネルギーを含む。

資源枯渇

化石燃料は近い将来、枯渇するといわれています。

出典:一般財団法人日本原子力文化財団
「『原子力・エネルギー』図面集」

家庭におけるCO2(二酸化炭素)の排出