INS

京都のコアな魅力、お届けします。

見る

#じっくり、じんわり、感性を磨く秋見る

2020.09.01 「かやぶきの里」でみつけた「ちいさな藍美術館」

人類最古の染料と言われる藍の魅力に触れられるのは、美山町北村の「ちいさな藍美術館」。かやぶき屋根が特徴的な美術館では藍染め作家・新道弘之(しんどうひろゆき)氏の作品や、世界中から集められた貴重なコレクションの他、実際に藍を染めている工房も見学することができます。館内のショップには日常に取り入れたくなるモダンな藍染めアイテムも。時間と共に風合いを増す藍から、静かなパワーがもらえるスポットです。

※新型コロナウイルス感染対策のため、営業日・時間が変更になっている場合がございます。お出かけ前はホームページ等でご確認くださいませ。

昔ながらの土間での藍染め、見に来てね

Informations

南丹市美山町北上牧41
0771-77-0746
10:00~17:00(毎週木・金曜日と冬期12/20~2/28は休館)
◎ JR(嵯峨野線)「園部」駅もしくは「日吉」駅下車後、南丹市バス「北(かやぶきの里)」下車
◎入館料:300 円

ちょっと聞いてって、ナイショの話。Instagram

『むすび。』の公式インスタグラム。記事でお届けしきれなかった小ネタや裏話が満載です。