INS

京都のコアな魅力、お届けします。

見る

くつろぐ

#個性派社寺に、パワーをもらう冬くつろぐ見る

2020.09.01 可愛さには理由がある「正寿院」

「快慶のお不動さん」で知られる正寿院には、花と日本の風景が描かれた美しい天井画や、庭をハート型に切り取る 「 猪目窓(いのめまど)」など、フォトジェニックなスポットが盛りだくさん。でも可愛いだけじゃないんです。たとえばハート型の「猪目(いのめ)」は、文字通り猪の目の形が元になっていて、約1400年前から使われている日本の伝統文様。建物を災いから守り、福を招く意味があるとか。シャッターを切る前に、それぞれに刻まれた歴史や仏教の教えにも触れてみて。

※新型コロナウイルス感染対策のため、営業日・時間が変更になっている場合がございます。お出かけ前はホームページ等でご確認くださいませ。

美しい天井画の中でも特に注目なのが「百日紅(サルスベリ)」。この絵は、実際に正寿院の玄関の傍にある樹齢約400年の百日紅の花を描いたものです。全部で160枚の天井画のどこにあるか探してみて。(答えは「むすび。」インスタグラムに掲載しています)

Informations

綴喜郡宇治田原町奥山田川上149 
0774-88-3601
11月~3月は9:00~16:00、4~10月は9:00~16:30(拝観休止日はHPにて要確認)
◎ JR「宇治」駅・近鉄「新田辺」駅下車後、京阪バス「維中前」下車。コミュニティバスに乗り換え、「奥山田」下車後、徒歩約10 分。
(車の場合) 近畿自動車道~第二京阪「枚方学研」IC 下車。国道307号線を宇治田原町方面へ。

ちょっと聞いてって、ナイショの話。Instagram

『むすび。』の公式インスタグラム。記事でお届けしきれなかった小ネタや裏話が満載です。