トピックスのトップニュース取り組みJA能美(のみ)稲刈り交流ツアーを開催しました

JA能美(のみ)稲刈り交流ツアーを開催しました

2012年9月 7日

京都生活協同組合

 バスツアーの様子はこちら⇒JA能美収穫体験 動画
 9月1日(土曜)京都生協の産直こしひかりの産地である石川県のJA能美(のみ)との稲刈り交流ツアーを組合員42人の参加で実施しました。今回のツアーはJA能美と?京山の協力を得て初めて企画しました。観光バスで3時間半かけて到着後、JA能美の職員さんからライスセンターの施設見学や説明をいただきました。お昼にいただいた新米(ゆめみづほ)のおにぎりは、「本当においしい!!」と大絶賛でした。昼食後はいよいよ、メイン企画の稲刈り体験。生産者さんとJA能美の職員さんに教えていただきながら、大人も子どもも鎌を使って刈り取りを体験しました。
 稲刈りのあとは、生産者さんとJA能美の役職員さんとの意見交流をおこないました。JA能美の米づくりのこだわりなどのお話をうかがい、参加者からは質問や提案等が出され交流を深めることができました。帰りは能美市にある松井秀喜ベースボールミュージアムを見学し帰路につきました。来年以降もこのような交流を継続していきたいと思います。

  image002.jpg  image004.jpg
  JA能美に到着後、刈り取ったお米の流れなどの説明をうける参加者の皆さん
  image006.jpg

 新米の塩むすびのおにぎり、能美特産の丸いもそば、ブレンドはとむぎ茶など地元食材を使ったとってもおいしい昼食をいただきました。

  image008.jpg image010.jpg
   生産者さんとJA能美の職員さんに教えてもらいながらの稲刈り

  image012.jpg image014.jpg
   稲刈り後の集合写真(左)と意見交流会の様子(右)