トピックスのトップニュース取り組み2015年度 平和活動交流会を開催しました

2015年度 平和活動交流会を開催しました

2016年1月29日

京都生活協同組合

 1月28日(金曜)京都テルサで、2015年度平和活動交流会を開催しました。『平和で輪っしょい!話っしょい!"私"にできる「平和」を知ること 伝えること  未来の子どもたちへ』をテーマに開催し、121人が参加しました。160129heiwa0.jpg160129heiwa01.jpg 記念講演では、日本被団協事務局次長 藤森俊希さんを迎え「ふたたび被爆者をつくらないために」をテーマにお話しいただきました。被爆の実相とともに世界における核兵器の実態の報告と合わせて、核廃絶に向け唯一の被爆国の日本が、核兵器をなくす取り組みの先頭にたち、知恵を出し合い行動することを呼びかけられました。続いて、NPT再検討会議代表派遣報告も行われました。その後、各地域で取り組んだ平和活動の報告と交流を行い、平和への思いを深め合いました。
 参加者は、「今日の聞き手は明日の語り手に」という藤森さんの言葉を胸に、子どもたちに平和な未来を残すために、これからも事実を学び、戦争や被爆の体験を継承していく役割を確認しました。
160129heiwa02.jpg 160129heiwa03.jpg
各地域で取り組まれた平和活動報告の様子(左)、展示ブースでは各地域でのとりくみを掲示(右)

 また、ユニセフの指定募金先となるミャンマースタディーツアーに代表派遣される福本桂子さんへ激励のメッセージが贈られました。160129heiwa10.jpg