トピックスのトップニュース

LPAの会企画「保障見直し」学習会のご案内

2010年12月30日

京都生協、京都生協LPAの会

 あなたは「自分に必要な保障」を選んでいますか?今こそ知りたい「保険や共済の選び方」「賢く保険に入るコツ」を組合員ライフプランアドバイザー(LPA)が主婦の立場でアドバイス。「ねんきん定期便」も利用して、学習を行ないます(要予約)。
締切日までに申込がない場合は中止。
参加費: 100円
持ち物: 電卓、筆記用具
     可能なら「ねんきん定期便」もお持ちください。
     学習の効果がさらにアップします。
申込・問い合わせ:共済推進部LPA事務局 担当 大幸(おおさか)
     電話番号 075-662-5100  午前9時30分?午後5時  土日祝休
     <3人以上で出前学習会も可能です。ご相談ください>

会場、日時などくわしくはこちら↓
家計改造の特効薬!
保障見直し学習会のご案内

近畿農政局との意見交換会に参加しました

2010年12月29日

京都生活協同組合

 12月21日(火曜)京都生協は消費者団体として、農林水産省近畿農政局との意見交換会に参加しました。
 意見交換会のテーマは
「家畜伝染病(口蹄疫・高病原性鳥インフルエンザ)発生時の対応について」
 今年、宮崎県で発生した口蹄疫は、畜産業はもちろん、農業一般、流通、教育、観光や県民の生活にも多大な影響を及ぼしました。
 しかし今回は、宮崎県産農畜産物を買い控える等の誤った消費行動はほとんどみられず、逆に宮崎県産農畜産物の販売促進により宮崎県を支援する動きもみられました。意見交換会では、京都生協が行なった口蹄疫の募金などが紹介されました。
 近畿農政局が行っているこれら家畜伝染病についての情報提供が必要かどうかや、提供している情報の活用等について、意見交換を行ないました。
 京都生協では今後とも行政と連携をとり、家畜伝染病発生時にも正しい消費行動がとれるよう、情報提供を行ないます。

今回の意見交換会についての
近畿農政局の紹介ページはこちら

ペットボトルのキャップ回収総個数166万個!

2010年12月23日

京都生活協同組合

京都生協のペットボトルキャップの回収量が、
回収をスタートしてから12月14日までで166万個に達しました。

 組合員の皆様の、回収へのご協力にたいへん感謝いたします。この166万個のペットボトルキャップをゴミとして焼却すれば、13,073kgの二酸化炭素を発生することになります。エコキャップ推進協会へ送付した166万個のキャップで2,075人分のポリオワクチンが購入できます(ペットボトルキャップ800個で1人分のポリオワクチンが購入できます)。
 京都生協では、2010年5月より生協のお店全店でペットボトルのキャップの回収を始めました。回収したキャップの売却費用は、再生事業者を通じて、NPO法人エコキャップ推進協会に寄付され、「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」に供与されます。
 今後とも引き続き、ペットボトルキャップ回収のご協力をよろしくお願いいたします。


NPO法人エコキャップ推進協会のホームページはこちらをクリック


京都生協職員が、 厚生労働大臣表彰に

2010年12月21日

京都生活協同組合

tatehatasan.jpg嘱託職員の立畑智史さんは、26年前からコープ桂で、またコープ桂閉店後はコープきぬがさで、レジまわりのサービス係として働き続けています。このたび、“自らの障害を克服し、働きながら自立している”として、「障害者自立更生等 厚生労働大臣表彰」を受けました。(京都市からは一人でした) 立畑さんの感想は、「表彰式は、緊張しました。涙が出ました。26年頑張ってこれたのは、やさしく支えてくれたみなさんのおかげです。これからも仕事をがんばります。ありがとうございました。」とのこと。ご家族も「何よりも障害のある息子を長年職員として受け止めてくださった生協に、そして支え励ましてくださった組合員のみなさん、職員のみなさんに感謝します。」と述べられました。

国富町町長が京都生協を来訪されました

2010年12月17日

京都生活協同組合

kumitomityou0.jpg

12月11日(土曜)宮崎県国富町の河野町長ほか町職員の皆様が、京都生協本部を来訪されました。
kumitomityou1.jpg
 河野町長は挨拶の中で6月から7月にかけて取り組んだ「口蹄疫に立ち向かう畜産関係者への応援募金」に対する感謝のお言葉を述べられました。その後国富町生産者に講師を担っていただいた「せんぎり大根を使った料理教室」について交流を行うとともに、「産地からの新たな出荷方法」など「取り組みのこれから」を話し合いました。京都生協からは村田常務理事ほか、店舗部門の職員が応対をいたしました。

京都生協は、国富町のせんぎり大根やきゅうり、ピーマンなどの農作物を店舗中心に取り扱っています。6年前から自治体やJA職員との交流を続けており、特に昨年からは、京都生協の理事、職員も国富町を訪れ、研修、交流を重ねています。

関連記事
12月10日せんぎり大根料理教室好評!
8月16日JAグループ宮崎より、せんぎり大根募金への御礼
8月3日「がんばれ!宮崎」千切大根ご利用へのお礼
こーぽろ2010年4月号「職員の産地研修」

国富町のホームページはこちら


京都環境フェスティバル2010に出展しました

2010年12月11日

京都生活協同組合

kankyofes1.jpg

12月11日(土曜)と12日(日曜)、京都パルスプラザにて「京都環境フェスティバル2010」が開催されました。そのフェスティバルに京都府生活協同組合連合会も出展しました(ブース番号F8)。京都生協はそのブースにさくらこめたまごの紹介や、亀岡「旭の森」保全活動について出展しました。
kankyofes2.jpg
生協のブースでは、3択のクイズに答えていただいた方全員に「どうぶつビスケット」をプレゼントしました。展示されているパネルに答えは記入されており、来場された皆さんはじっくりとパネルを見てくれていました。クイズにチャレンジした小学生のお子さんの感想は「むずかしかった、、、。」

「京都環境フェスティバル2010」には130ブースが出展していました。またミニステージなどのイベントも催されました。

京都環境フェスティバルについてくわしくはこちら↓
京都府ホームページ 京都環境フェスティバル2010

せんぎり大根の料理教室大好評!

2010年12月10日

京都生活協同組合

12月10日(金曜)コープ下鴨2階調理室にて、宮崎県国富町の生産者の方々が「せんぎり大根(切り干し大根)」などを使った料理教室を開催されました。 tyouri2.jpg   tyouri1.jpg
「せんぎり大根とピーマンのヘルシーサラダ」「せんぎり大根のかき揚げ」「せんぎり大根と牛肉の炒めもの」などの料理を参加者全員で作りました。レシピを見ながら、わいわいと調理はすすみました。

tyouri3.jpg
宮崎産の黒ぶたを使った肉巻きおむすびも作りました。他にも宮崎県産ゴーヤのツナマヨネーズサラダも作り、かなりなボリュームのお料理が出来上がりました。

zennin.jpg

出来上がったお料理を会議室に運び、試食会、交流会を行ないました。その前に料理とともに記念撮影。

sisyoku.jpg
みんなお皿を手に取り、試食会スタート!みんな自分のお好みの量を、お皿にとりました。

kouryu.jpg機械乾燥は行わない、すべて天日干しで作られるせんぎり大根の生産の様子などが、国富町職員農林振興課の春元さんより報告されました。参加者からの「雨が降ったらどうするの?」などの質問に対し、その工夫などをお答えいただきました。生産農家の方との交流の中では、「冷めてもかたくならないかき揚げの工夫」などが意見交換されました。

omattya.jpg
宮崎県からお越しいただいた皆様へのお礼として、京都生協からはお抹茶と和菓子のおもてなしが行われました。

本日の参加者の感想
「せんぎり大根(切り干し大根)というと、炊くぐらいしかレパートリーはありませんでした。かき揚げの大根の食感、歯ごたえにはびっくりしました。初めての感覚です。」
「せんぎり大根は値段も手ごろで、よく使っていましたが、すべて天日乾燥なのには驚きました。」

tennnai.jpg12月10日(金曜)、11日(土曜)はコープ下鴨、コープ醍醐石田、コープ二条駅の店内で「せんぎり大根のじゃこ炒め」の試食とともに、供給促進が行われます(写真奥がせんぎり大根)。また、11日(土曜)は宮崎県国富町町長が、京都生協本部への訪問と上記各店舗視察のため京都に来られます。

関連記事
8月16日JAグループ宮崎より、せんぎり大根募金への御礼
8月3日「がんばれ!宮崎」千切大根ご利用へのお礼

ユニセフ緊急募金のご報告

2010年12月 3日

京都生活協同組合

 8月?9月に取り組んだ(財)日本ユニセフ協会「パキスタン人道支援緊急募金」「アフガニスタン緊急・復興支援募金」は、共同購入・個配注文書および指定口座への振込みなどで寄せられた募金総額が386,756円となりました。
 組合員のみなさまの多大なるご協力に深く感謝いたします。ありがとうございました。集まった募金はユニセフ協会を通してパキスタン・アフガニスタンへ各193,378円づつ送金させていただきます。

鶏インフルエンザに関する京都生協の対応について

2010年11月30日

京都生活協同組合

島根県で発生した鳥インフルエンザに感染した疑いのある鶏が見つかったことを受けての、京都生協の対応について(第1報)

 1.経過。
(1)すでに、テレビ等でご存知のことと思いますが、島根県安来市の養鶏農家で高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いのある鶏が見つかったとの報道がありました。現在、県ではこの養鶏場から半径10?圏内の養鶏場に対して、移動制限を実施しました。
(2)発生農場の鶏については疑似患畜として扱い、殺処分が進められています。
(3)現段階において、感染が広がったとの報道はされていません(11月30日午後3時現在)。
 2.京都生協としての対応。
京都生協では、産直卵を生産いただいている取引先に、鳥インフルエンザ対策として、(ア)人・車輌等に由来する鳥インフルエンザ侵入の防止対策(関係者以外の立ち入り制限や車両消毒の徹底)、(イ)野鳥・野生動物に由来する鳥インフルエンザ侵入の防止対策(防鳥ネットの補強、防鼠対策など)、(ウ)鶏の健康管理及び取扱い、について注意するようにお願いしました。
 3.根拠のない噂などにより混乱することがないよう、冷静に判断しましょう。
農水省からも、「鶏卵、鶏肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されておりません。」と報告されています。
これは、鳥インフルエンザウイルスは酸に弱く、胃酸で不活化されると考えられることやヒトの細胞に入り込むための受容体は、鳥のものとは異なることといった理由によるものです。

今後とも、迅速で正確な情報提供に努めます。

以上


平安女学院中学校で授業を行ないました

2010年11月29日

京都生活協同組合

京都生協環境政策担当の高橋が、11月26日平安女学院中学校で「京都生協の牛乳パックのリサイクルの取り組みについて」の授業を行ないました。 20101126_.jpg

平安女学院中学校では、総合学習のテーマに「牛乳パックのリサイクルについて」の授業を続けてきていました。授業で実際にリサイクル事業に携わっている方のお話を、との要望から今回授業が実現しました。

20101126_2.jpg  20101126_3.jpg

まずはじめに大山乳業協同組合の京都営業所所長の陰山様から「どのような牛乳がどこで、どのようにパックに詰められて、どこに行くのか」を写真も交えて説明されました。20101126_4.jpg
その後、高橋環境政策担当から「牛乳パックの原料の木材の産地について」「回収された牛乳パックがどこに集められ、どこでトイレットロールになるか」を説明しました。

20101126_5.jpg授業は「樹齢20年の1本の立木から牛乳パックが何枚分できる?」「牛乳パック何枚でトイレットンロールが出来上がるか?」などの三択クイズを交えながら、生徒たちの興味を引き付けていきました。
最後に高橋環境政策担当からは「牛乳パックを集め、出すだけではまだリサイクルではありません。牛乳パックから作られたトイレットペーパー等のリサイクル製品を利用してこそ、リサイクルになります。」と説明しました。

あわせて、牛乳パックから作られたコアノンロール(COOPのトイレットロール)を利用すると、ユニセフに寄付が行なわれる「CO-OPコアノンスマイルスクールプロジェクト」のお知らせも行ないました。

授業終了後、生徒さんからは「牛乳を作り出すのは大変だということがわかった」「クイズも楽しく勉強になった」などの感想が発表されました。また、後日生徒の皆さんからの感想文が届けられる予定です。

関連記事
11月11日コアノンロール購入でユニセフに募金を!