トピックスのトップニュース

祇園祭りに京都生協名入りクリーンボックスが

2010年7月19日

京都生活協同組合

京都生協は、「祇園祭クリーンキャンペーン」に協賛しました。

 祇園祭クリーンキャンペーンは、今年20回目をむかえる、「ゴミの散乱しない祗園祭」をめざして美観を守るマナーの啓蒙活動を推進する企画(提唱:財団法人 祇園祭山鉾連合会、協力:KBS京都)です。今年は京都生協も、このクリーンキャンペーンに協賛しました。
 クリーンキャンペーンの一環で、祇園祭開催中に約1200個のクリーンボックス(ゴミ箱)が設置され、その一部に、京都生協の名前の入ったクリーンボックスも設置されました。
※写真は、四条新町上がったところに設置してあったものです
20100719_cleancam.jpg

 組合員のみなさんも、いくつか見かけられたでしょうか。
 祇園祭りの中でも最も観光客の多い山鉾巡行が終わり、クリーンボックス設置も終了しましたが、祇園祭りの行事は引き続き行なわれます。今後も、ゴミの散乱しない美しい京都の夏の行事を楽しみましょう。

京都生協は環境の取り組みとして「コープみんなでエコ2010」をすすめています!

コープみんなでエコ!

ライトダウンキャンペーンに参加しました

2010年7月 8日

京都生活協同組合

コープみんなでエコ!2010
京都生協店舗で、環境省が推進する「ライトダウンキャンペーン」に参加しました。

6月21日(夏至の日)と7月7日(七夕)の2日間
事前に、店内でライトダウンキャンペーンのポスターや店内アナウンスなどで取り組みのお知らせをしました。ライトダウン当日は、午後8時にコープのお店の店頭看板などを消灯しました。

ライトダウンの様子(7月7日 コープ二条駅)
↓ライトダウン前(左) 後(右)
lightdown01.jpg lightdown02.jpg

組合員のみなさまのご家庭でも、日常のくらしの中でライトダウンに取り組んでみませんか?

口蹄疫に立ち向かう応援募金の中間報告

2010年7月 1日

京都生活協同組合

 口蹄疫の清浄性確認を進めている宮崎県では、6月18日を最後に新たな発生がなく、このまま清浄性が確認できれば7月16日までにすべての移動搬出制限が解かれる見込みとなっています。1日も早い終息を願ってやみません。  5月28日から取り組んだ「口蹄疫に立ち向かう畜産関係者への応援募金」の活動に、多くの組合員に参加していただき多額の募金が集まっています。取り組み期間は7月31日までですが、中間の報告をさせていただきます。

6月30日現在の募金総額は、7,666,400円です。ありがとうございました。

募金は、引き続き7月31日まで取り組んでいます。さらなるご協力をよろしくお願いします。

ペットボトルキャップ回収実績のご報告

2010年6月29日

京都生活協同組合

5月1日より全店舗においてペットボトルキャップの回収をスタートしました。 6月10日までの回収実績についてご報告いたします。

■5月1日?6月10日に回収されたペットボトルキャップ(累計)は、
 328000個となりました。
 これは、ワクチンに換算すると410本分となります。

 この取り組みの目的は、ペットボトルキャップを再資源化し、その収益を社会に還元することで、ペットボトルキャップのリサイクル対価を「世界の子どもにワクチンを日本委員会」に寄付します。この取り組みの主旨は、あくまで「ペットボトルキャップの有効活用」です。まずは、ごみ減量の視点に立ち、リデュース(発生抑制)を優先したうえでの参加をお願いします。

キャップの回収にあたっては以下の約束事を守りましょう。

1.キャップはボトルから外して、きれいに洗って、シールが付いていたらはがして投入してください。
2.回収できるのはペットボトル飲料のキャップのみです。金属のキャップ、調味料のキャップ、プルタブをキャップ専用回収箱に投入しないでください。

 

ピースパレード2010のご報告

2010年6月22日

京都生活協同組合

6月21日 京都のまちに響いた平和への願い
★★★人文字で「PEACE」&ピースパレード★★★

京都府生協連主催のピースパレードに、京都生協組合員・役職員ら約200名が参加しました。

<今年のピースパレードは2部構成でした>
 第1部として、知恩院での「PEACE」の人文字づくりと、NPT再検討会議報告会を行ないました。
知恩院の石段に集まった参加者で、ペーパーフラワーとリボンをつなげて「PEACE」の文字をつくりました。いあわせた観光客(外国人の方も)がシャッターを切る姿も見られました。
 その後、八坂神社ラジオ塔前に移動し、5月にニューヨークで開催されたNPT(核不拡散条約)再検討会議に代表派遣された組合員からの報告会が行なわれました。日本から参加された被爆者の方々をサポートしながら取り組んだアピール行動や交流を通して感じたことなどを力強く語られ、ピースパレードの前に大きなパワーをいただきました。
↓金井さん(左)と湯浅さん(右)
20100622_peaceparade01.jpg 20100622_peaceparade02.jpg
 第2部は、出発集会。参加団体からのあいさつのあと、京都生協各ブロックから、パレードにむけての意気込みをアピールしました。「近鉄大久保駅ブルースバンド」のみなさんの演奏に参加者みんなが声をあわせて歌を歌い、心を一つにしてパレードにむかいました。
20100622_peaceparade03.jpg 20100622_peaceparade04.jpg

20100622_peaceparade05.jpg 20100622_peaceparade06.jpg
 祇園石段下で東京からリレーされてきた「国民平和大行進」と合流し、そのまま四条通り?四条河原町?京都市役所まで、それぞれ趣向をこらした扮装やグッズで、歌を歌いながらパレードし、沿道の人々に平和をアピールしました。
20100622_parade01.jpg 20100622_parade02.jpg 20100622_parade03.jpg 20100622_parade04.jpg

第46回通常総代会を開催しました

2010年6月17日

京都生活協同組合

6月15日(火曜)、京都テルサにて「京都生協 第46回通常総代会」を開催いたしました。
20100617_soudaikai01.jpg

20100617_soudaikai02.jpg 京都府各地から組合員総代(代理出席含む)395名が出席。御来賓・報道関係者・職員等のオブザーバー参加を含め、総数約600名が会場に集まりました。
 今回は、2009年度まとめ・事業報告、2010年度方針・事業計画および予算、役員選任についてなど、8つの議案が提案され、行政区総代会議・ブロック別総代会議で審議された内容について、各ブロックの地域理事が代表して報告しました。また、通常総代会までに寄せられた70通を超える個人発言用紙の中から、8名の組合員が壇上で発言をしました。
  20100617_soudaikai03.jpg 審議終了後、議案の採決を行ない、全ての議案について賛成多数で可決されました。
   通常総代会についてのくわしい報告は、後日ホームページおよび機関紙にてお知らせ致します。

コープのお店「がんばれ!宮崎」支援企画

2010年6月 3日

京都生活協同組合

店舗での口蹄疫被害支援にご協力ください!!

 口蹄疫被害は、宮崎県内の畜産・酪農農家をはじめ、農産物生産者等へ経済的・精神的に大きな被害をもたらしており、京都生協でも、店舗や共同購入・個配において募金活動を行なっています。
 またこのたび、京都生協の全店舗で「がんばれ!宮崎」と題して、以下の内容で口蹄疫被害支援企画に取り組みますので、ぜひ多くの組合員のみなさまのご支援をよろしくお願い致します。

組合員さんが、宮崎県産の「せんぎり大根」を購入すると、1袋につき5円が宮崎支援の募金となります。
20100603_miyazakipop.jpg※対象となるのは、1パック98円の宮崎県産「せんぎり大根」です。野菜売場でこのポップを表示しています。

支援取り組み期間 7月31日(土曜)まで

期間終了後、売上実績にもとづいて、京都生協からJA宮崎県経済連を通じ、宮崎県へ募金いたします。

口蹄疫に立ち向かう応援募金のお知らせ

2010年5月27日

京都生活協同組合

「口蹄疫に立ち向かう畜産関係者への応援募金」にご協力をお願いします!

 4月20日に宮崎県で家畜伝染病である口蹄疫の疑似患畜が確認されて以降、5月25日現在、県を越えてのあらたな病気の発生は見られませんが、県内での拡大はおさまる気配がありません。今回の口蹄疫被害は、宮崎県内の畜産農家や酪農家、および関係者へ経済的・精神的に大きな被害をもたらしています。京都生協では、全国の生協と連帯して、畜産関係者を励ますための応援募金を呼びかけます。

< 記 >

1.募金の名称
「口蹄疫に立ち向かう畜産関係者への応援募金」
 これは、宮崎県生協連合会から全国の生協に対して呼びかけられたものです。ここで集まった募金は日本生協連に集約し、関係する方々と協議しながら贈呈先を決めていきます。決まった内容はコーポロ等でお知らせいたします。

2.募金の期間
 5月28日(金)?7月31日(土)

3.実施方法
★店舗では…受付サービスカウンターで募金箱を設置しております。
★共同購入・個配では…6月3回?5回までの期間、下記注文番号で募金ができます。(現金での募金は受付けておりません)
 ・注文番号「294608」募金1口100円
 ・注文番号「294616」募金1口1,000円
★銀行振込…以下の指定振込み口座をご活用ください。
 京都銀行 吉祥院支店 普通口座 3830024 京都生活協同組合
 手数料がかかります。ご了承ください。

以上

口蹄疫などに関するお知らせ(第1報)

2010年5月24日

京都生活協同組合

 日頃より京都生協をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 4月20日に宮崎県で口蹄疫の擬似患畜が確認されて以降、5月23日現在、県を越えてのあらたな病気の発生は見られまていせんが、宮崎県内での拡大はおさまる気配がありません。さらに、マスコミからの感染家畜に関する情報などもあり、京都生協へも組合員からの口蹄疫に関する問い合わせが寄せられています。
 口蹄疫などに関する情報や京都生協の取り組みについて組合員のみなさまにお知らせします。

1.口蹄疫に関する情報
(1)口蹄疫とはどのような病気ですか?
 口蹄疫ウイルスが原因で、偶蹄類(※1)の家畜(牛、豚、山羊、緬羊、水牛など)や野生動物(ラクダやシカなど)がかかる病気です。口蹄疫に感染すると、発熱したり、口の中や蹄(ひづめ)の付け根などに水ぶくれができたりするなどの症状がみられます。口蹄疫にかかると、子牛や子豚では死亡することもありますが、成長した家畜では死亡率が数%程度といわれています。しかし、偶蹄類動物に対するウイルスの伝播力が非常に強いので、他の家畜へうつさないようにするための措置が必要です。口蹄疫が発生した農場の家畜は殺処分して埋めるとともに、発生した農場周辺の牛や豚の移動を制限したり、感染しないよう遠地へ隔離保護するなどの措置を行ないます。
※1 偶蹄類とは、偶数の蹄(ひづめ)を持つ動物のこと

(2)人間に感染しますか?
 人間には感染しません。牛肉や豚肉を食べたり、牛乳を飲んだりしても口蹄疫にかかることはありません。上記(1)の措置により、口蹄疫にかかった家畜の肉や乳が市場に出回ることはありません。

(3)口蹄疫は、鳥インフルエンザやBSEとどう違うのですか?
 口蹄疫は、鳥インフルエンザやBSEと同じように、家畜がかかる伝染病で、畜産業に大きな経済的損失をもたらします。しかしこれらは、感染する動物や原因となる病原体・感染経路が異なるだけでなく、公衆衛生や食品安全の観点から見ると大きな違いがあります。下の表を参照ください。

   
 口蹄疫鳥インフルエンザBSE
病原体口蹄疫ウィルス鳥インフルエンザウィルス異常プリオン
感染経路感染した家畜やウイルスに汚染されたふん便等との接触、器具・車両・人などによるウィルスの伝播、空気感染など感染した家畜やウイルスに汚染されたふん便等との接触、器具・車両・人などによるウィルスの伝播、空気感染など異常プリオンで汚染された飼料を食べることによる感染のみ
動物間の伝播力きわめて強い強毒性の場合は極めて強い弱い
食品安全の観点(肉を食べたり乳を飲んだらどうなる?)人にはうつりません人にはうつりませんSRM(※2)が含まれた畜産物を食べるとうつることがあります。しかし、適切にSRMを除くことによって、感染を防ぐことができます。
公衆衛生の観点(感染した家畜や排泄物に近づくとどうなるの?)人にはうつりませんが、ウイルスが靴などに付着し、他の家畜へ運ばれて、感染を起こす可能性があります。通常の生活をしていれば、人にうつることはありませんが、感染した鶏や血液等に濃密に触れた場合、感染することがあるとされています。人にはうつりません。また、他の家畜にもうつりません。
※2 「特定危険部位」の意。牛の頭部や脊髄等を指し、と畜・解体時には除去されます。

(4)最後に
 口蹄疫は、偶蹄類の動物がかかる病気です。人が牛肉や豚肉を食べたり、牛乳を飲んだりしても口蹄疫にかかることはありません。
 一部で「不要不急の外出を控えてください」と報道されているのは、感染している家畜の近くに行ったりすると、無意識のうちにウイルスを運んでしまう可能性があるため、感染を広げないための措置であるとお考えください。

2..「口蹄疫に立ち向かう畜産関係者への応援募金」協力のお願い
 京都生協では、口蹄疫で被害を受けられた畜産農家を応援するために、募金の協力を組合員のみなさまに呼びかけます。「口蹄疫に立ち向かう畜産関係者への応援募金」は、全国の生協と連帯し、日本生協連に集約することにします。募金の贈呈先は、今後関係の方と協議して決めます。募金方法等についての詳細は別途お知らせいたします。

以上

NPT代表派遣速報を公開しています

2010年5月 4日

京都生活協同組合

京都生協からNPT(核不拡散条約)再検討会議へ派遣されている組合員から、現地での様子や活動の状況が届きました。

ここをクリックしてください。→NPT代表派遣ニュースブログ

このニュースブログは、お二人からの速報がとどき次第更新します。