トピックス

【お礼】「メッセージ付き折り鶴」

  • 2021年12月01日
  • とりくみ・活動

京都には広島・長崎で被爆された方が800人以上暮らしています。
コーポロ11月号にて、『第57回「被爆者をはげますつどい」にご協力ください。』と呼びかけを行い、「メッセージ付き折り鶴」を募集しました。


2021平和折り鶴写真.jpg
組合員さんから沢山のメッセージ付きの折り鶴が寄せられました。

本当にありがとうございました。

合計で1200羽を超えました。

京都生協も参加している「被爆者をはげますつどい実行委員会」は、コロナ禍で活動は制限されますが、引き続き被爆者を慰労し励ます企画を行います。

寄せられた折り鶴は、実行委員会から400人の被爆者へユニセフのクリスマスカードに挟み込んで郵送します。

クリスマスカード.jpg

<組合員からのお便りの一部をご紹介します>

・初めてご協力させていただきます。「平和」をイラスト風の文字に込めました。

・メッセージは何を書けばいいのか、悩んだのですが...。このような言葉で良いのでしょうか?

・あまり綺麗に折れていませんが、心を込めて折っています。

・どんなメッセージか、初めてでしたので判らず、明るく気分を変えられたらと日常の会話のような言葉を書きました。

・チラシを拝見し参加することにしました。記事に出会えてよかったです。こんなので宜しいのでしょうか。お役に立ちましたら幸いです。

折り鶴お便り.jpg

バックナンバー