トピックス

【声明】ロシアによるウクライナ軍事侵攻に抗議し、即時中止を求めます

  • 2022年03月01日
  • 声明・政策提言

2022年3月1日

ロシアによるウクライナ軍事侵攻に抗議し、即時中止を求めます

京都生活協同組合
理事長 畑 忠男

 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が行われ、一般市民も犠牲になるなど尊い生命が奪われています。他国の主権と領土への侵略行為であり、国際法に違反する暴挙です。平和を希求する世界中の人々の願いを踏みにじる行為であり容認できません。また、プーチン大統領は軍に対して核兵器を含む戦力を特別態勢にするよう命令したとの報道もあります。これは、核兵器で諸国を威嚇するものであり、強く抗議します。

 第二次世界大戦によって生活協同組合の組織はもちろん、多くの人々の生活や生命そのものまで奪われてしまった経験から「平和とよりよい生活」の理念を導きだしました。そこには、紛争を解決する手段としては武力の行使ではなく、あらゆる平和的手段が尽くされるべきと平和についての基本的立場を示しています。同時に核兵器の悲惨さを体験した唯一の国にある生活協同組合として、核兵器の一刻も早い廃絶を求めています。

 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、紛争の平和的解決の原則をうたった国連憲章に照らしても、私たちの基本的な考え方からしても相いれない行為です。世界中の人々、一人ひとりが人として大切にされ安心して暮らせる国際社会であることを希望します。そして、ただちに軍事侵攻を中止すること、平和的手段で解決することを求めます。

バックナンバー