おとこの介護を語る会開催しました!

11/11(土)13:30?15:00 京都生協左京ホームヘルプサービスにて第23回「おとこの介護を語る会」を開催しました。

今回は、介護者の方々からリクエストがあった「男の料理教室」と題して、旬のものを使った簡単な料理を、一緒に調理し、試食しました。
当日参加者は2名。3名申し込みがあったが、当日風邪気味で1名が欠席でした。

〈料理教室の内容〉
・簡単 うどんスープdeかにたまうどん
土鍋にうどんスープの素、うどん(スプーンですくって食べられるくらいにカット)を入れて煮る。煮立ったらかに缶、溶いた卵を入れお好みの硬さまで蒸らす。食べる直前にごま油、おろしョウガを入れる。
・厚揚げと小松菜にさっと煮
厚揚げは1?、小松菜は4?に切って、葉、茎に分けておく。
出汁の素、みりん、しょうゆ、砂糖を入れ煮立て、厚揚げ、茎、葉の順に煮る。

感想
〈参加された利用者様の感想〉
*A様・・「久しぶりに温かい家庭料理を口にした。本当においしかった。有難うございました」と嬉しそうでした。作り方のおさらいをして、手順書を土産に持ち帰り、早速家で作ってみますと話された。
*B様・・「今日は教わりにきました」とエプロンをつけて頑張っておられました。
「かに缶以外やったら何がいいですか。私は卵だけでも十分です。」
「妻が元気なころはシイタケとか入れて寄せ鍋を作ってくれました」


〈スタッフからの感想〉
・レシピを見ながら職員と一緒に手際よく、調理していただけました。
お二人ともうどんスープをご存知でなかったようで、うどんの出汁以外の料理にも使え男の料理教室2.jpg男の料理教室3.jpg男の料理教室1.jpgることをお伝えしました。
普段は自分の為だけに調理するのは億劫なので買ってきたお惣菜で済ませておられるようです。今日はスタッフ5名とにぎやかに食事ができたことで「美味しかった。おなか一杯。身体があったまった。」と喜んで頂くことができました。
A様は「今からデートに行く」と会の後に入院中の奥様の面会に行かれました。
次回の新年会の話題になり、来年早々の楽しみにされてお帰りになられました。

前の記事
次の記事

このページの先頭へ