乳牛の一日のメニューは?

ナビへスキップ
せいきょう牛乳>乳牛の一日のメニューは?

写真

ごはん(粗飼料)生草にしたら100kg以上にもなるんだよ。

写真
トウモロコシサイレージ
写真
イタリアンロール
(イタリアンサイレージ)
写真
イタリアンサイレージ
(ロールを崩したもの)
など

おかず(濃厚飼料)1日に出るミルク量の約3分の1は食べてまーす。

写真
大豆粕
写真
大豆圧片(焙煎大豆)
写真
圧麦(大麦圧片)
写真
トウモロコシ圧片
など

モーモーこぼれ話「おいしい牧草づくりは、まず土づくりから」
本来、酪農という農業は「循環型農業」の代表です。
牛が排泄した糞・尿を発酵処理し、田や畑に投入します。
これが肥料となり、豊かな土壌から栄養価の高いおいしい牧草が収穫されます。
それを乳牛に食べさせることで、おいしい牛乳を生産してくれるのです。
また、京都生協では、おからや醤油の絞りカスをエサに使うなど、生協のつながりを生かした食べものの循環にもとりくんでいます。

写真 1
生の糞(尿)を発酵処理します。
(堆肥舎)
写真 2
発酵処理した堆肥を
ほ場に散布します。
写真 3
豊かな土壌から牧草が
順調に生育します。

写真 4
一番栄養価が高く
おいしい時期に刈り取りします。
写真 5
ロールベーラーという機械で
ロール状に収穫します。
写真 6
ラッピングフィルムで巻くことで
長期保存できます。

ナビへスキップ
トップページ せいきょう牛乳集合! 牛乳マメ知識 乳牛についてモ〜ッと知ってね 乳牛の一日のメニューは?
牛乳ができるまで どんな検査をするの? 生産者紹介 組合員との交流 産直の歴史 京都生協トップ