• facebook
  • instagram
  • 検索

環境のとりくみ

環境問題にとりくむ基本的な考え方

・自然と社会の仕組みを相互の関連の中で総合的にとらえ、「生産-流通-消費-廃棄の連鎖」をトータルに視野に入れた科学的な活動を展開します。

・「人間-環境系の調和」という視座を土台に据えます。

・「安全・安心」の商品政策を一層発展させ、環境に配慮した商品づくりをすすめます。

・京都生協 SR(社会的責任)・環境方針

・事業活動における環境への配慮

・組合員とともに取り組む環境活動

森林保全活動

京都生協は2006年12月に京都の森林保全活動を推進している「京都モデルフォレスト協会」に加入し、2010年1月13日、亀岡市旭町三俣地区の「森林の利用保全に関する協定」に調印しました。
4月より、京都生協組合員、職員ら「森林ボランティア」による森林づくり活動をスタートしました。2015年からは地元の森林組合に作業を委託し、森林保全活動を継続しています。

わが家の省エネ・節電の工夫

省エネ・節電の工夫として皆さんから、寄せられたわが家の工夫やとりくみをご紹介しています。

取り組み紹介

組合員とともに取り組む環境活動

組合員が企画して地域でとりくんでいる環境の取り組みを「みんなのとりくみレポート(環境リサイクル)」でご紹介しています。

CSRレポート

京都生協の事業・社会・環境活動についての報告書です

【お問合せ先】京都生協 CSR推進室

〒601-8382 京都市南区吉祥院石原上川原町1-2

電話番号:075-672-6304  ファックス:075-661-4311